shadow

prev

next

ニュースNEWS

WORKS

合田雅吏 「小田原ふるさと大使」就任!

合田雅吏が、「小田原ふるさと大使」に任命され、4/2(水)小田原市役所にて委嘱状を授与された。

「小田原ふるさと大使」は、小田原にゆかりがあり、さまざまな分野で活躍する方々に、小田原の情報を発信することによって、小田原の魅力を広くPRし、イメージアップや産業、歴史、文化、観光等の振興、活性化を図るために、平成22年度創設された。

大使に任命されたときの心境について合田は、「小田原高校出身で、小田原を愛する人間の一人として任命していただきました。お話をいただいたときは『念願が叶った!』という気持ちでした。小田原は魅力の宝庫なので、これから地元の仲間とともにアピールしていくことが出来るのがとてもうれしいです」と話した。

合田が考える小田原の魅力については、「まず、海が近くて、魚がおいしい、おそらくそれは皆が知っていることだと思います。また、山も近く、温泉もあって、宿場町なので交通の要所でもある。そして、大好きな小田原城もあります。都内から近いながら、天守閣もきちんとある小田原城はお城として楽しめるのではないかと思います。また、今の季節は桜もとてもきれいなので、もっともっと訪れてほしいです」と語った。

今後大使としてどのような活動をしてきたいかについては、「今後は、小田原のお祭りやイベント行事に積極的に参加していくつもりです。また、6年後東京オリンピックがありますが、海外から来日する方たちが『小田原を訪れたい!』と思ってもらえるように、小田原の良さを伝えていきたいです。東京オリンピック開催が決まったこのタイミングで大使に任命された自分にとって、『これは使命だ』と思ってこれから活動していきたいと思っています。皆さんにもぜひ応援してほしいですし、『この小田原が目に入らぬか!』を合言葉にがんばっていきたいと思います」と話した。

今後の「小田原ふるさと大使」としての活動に、ぜひ応援の程よろしくお願い致します。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top