shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

我妻三輪子 映画「ヒロイン失格」ジャパンプレミア!

我妻三輪子出演映画「ヒロイン失格」ジャパンプレミアが、8/31(月)渋谷公会堂にて行われ、監督、共演者とともに我妻が出席した。

同作は、集英社「別冊マーガレット」にて連載され、全10巻で累計160万部を超える幸田もも子さんの人気同名漫画を実写映画化。恋に暴走するオトメの七転八倒を赤裸々に描いた爆笑ロマンチック・コメディとなっている。

幼なじみの寺坂利太(山﨑賢人)のことが大好きな女子高生、松崎はとり(桐谷美玲さん)。自分こそが利太と結ばれると信じて疑わなかったのに、彼はイケてない地味な“六角精児似”の女の子・安達未帆(我妻三輪子)と交際スタート。ラブストーリーのヒロインらしからぬ奪還作戦を企てながら悶々とするはとりの前に、超絶イケメンの弘光廣祐(坂口健太郎さん)がアプローチしてきてまさかの三角関係に!クールな幼なじみか、学校一のモテ男か、はとりの本当のヒーローは、一体どっち!?
思い込みが激しくて感情表現もストレート、しかも本命以外の相手にも心が揺れてしまうはとりは、少女漫画の可憐な“王道ヒロイン”とは真逆の“ヒロイン失格”な女の子。でもだからこそ女子ならだれもが共感できて、思わず応援したくなる!

我妻が演じるのは、メガネにおかっぱ、地味で真面目な、(はとり曰く)“六角精児似”の女の子・安達未帆役。将来の夢はジャーナリストになること。利太とつきあいはじめてからは意外な一面も見せるという役どころ。

上映前に行われた舞台挨拶にて拍手で迎えられた我妻は、「安達未帆を演じました、我妻三輪子です。今日は最後まで楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

我妻が演じる安達未帆は、“六角精児さん似”という設定だが、オファーがきたときの心境について、「若干複雑な気持ちはありましたが、女優としてはおいしいなと思いました。(六角精児さんに似せるために)髪型をおかっぱにしたり、体重を2、3キロ増やしました。」と役作りについても語った。

さらに、映画のキーワードにもなっている『「私が好きな人か」「私を好きな人か」お付き合いをするならどちらを選ぶ?』という質問に、「私を好きな人」を選択した我妻。その理由について、「好きな人をずっと追っているのはすごくつらいので…。」と明かし、恋愛観をのぞかせる一幕もあった。

映画「ヒロイン失格」は、9/19(土)より新宿ピカデリー他全国ロードショー!
笑って泣けてキュンとする、かつてない恋愛映画にぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top