shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

我妻三輪子 映画「ヒロイン失格」初日舞台挨拶!

我妻三輪子出演映画「ヒロイン失格」が、9/19(土)公開初日を迎え、新宿ピカデリーにて行われた舞台挨拶に、我妻が登壇した。

同作は、集英社「別冊マーガレット」にて連載され、全10巻で累計160万部を超える幸田もも子さんの人気同名漫画を実写映画化。笑って泣けてキュンとする、かつてない恋愛映画となっている。

幼なじみの寺坂利太(山﨑賢人)のことが大好きな女子高生、松崎はとり(桐谷美玲さん)。自分こそが利太と結ばれると信じて疑わなかったのに、彼はイケてない地味な“六角精児似”の女の子・安達未帆(我妻三輪子)と交際スタート。ラブストーリーのヒロインらしからぬ奪還作戦を企てながら悶々とするはとりの前に、超絶イケメンの弘光廣祐(坂口健太郎さん)がアプローチしてきてまさかの三角関係に!クールな幼なじみか、学校一のモテ男か、はとりの本当のヒーローは、一体どっち!?
思い込みが激しくて感情表現もストレート、しかも本命以外の相手にも心が揺れてしまうはとりは、少女漫画の可憐な“王道ヒロイン”とは真逆の“ヒロイン失格”な女の子。でもだからこそ女子ならだれもが共感できて、思わず応援したくなる!

我妻が演じるのは、メガネにおかっぱ、地味で真面目な、(はとり曰く)“六角精児似”の女の子・安達未帆役。将来の夢はジャーナリストになること。利太とつきあいはじめてからは意外な一面も見せるという役どころ。

上映後に行われた舞台挨拶にて我妻は、「今日はたくさんの方に来ていただいて本当にうれしいです。皆でがんばって楽しみながら作った作品なので、皆さんにも楽しんでいただけたらいいなと思っています。観終わった後に、ああだったこうだった、利太がいい弘光がいいとか、そういう話をして楽しんでいただけたらと思います。」と挨拶。

安達未帆を演じるにあたり、“女子から嫌われる女子”を研究したという我妻。その役作りについて、「どうしようかと思って、“萌え袖”をやろうか…。セーターの袖を手の爪先まで伸ばすことを萌え袖というのですが、それはちょっと安達さんと違うかなと思って止めて、動きに女の子が嫌がりそうな感じを取り入れました。うなずくときのカッパ口とか、そういう口はイラっとするかなと思って、率先してやらせていただきました(笑)。」と身振り手振りを交えて明かした。

映画「ヒロイン失格」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場にてお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top