shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本郷奏多 映画「シネマの天使」完成披露上映会舞台挨拶!

本郷奏多出演映画「シネマの天使」完成披露上映会舞台挨拶が、10/13(火)シネ・リーブル池袋にて行われ、監督・共演者とともに本郷が出席した。

同作の舞台は、広島県福山市にあった日本最古級の映画館「シネフク大黒座」。122年の歴史に幕を閉じ、2014年8月に閉館。その最後の雄姿を何とか映像に残したいという思いから同作が誕生した。老舗映画館と、そこで働く人々と観客が閉館に向かうドラマを、切なくも美しく描く。撮影は閉館後の実際の大黒座の建物を使い、オール広島ロケで行われ、取り壊し工事のため重機が劇場に入ってくるまで撮影した。「昔はどこの映画館にも天使がいた…」古い映画館の暗がり、フィルムの映写室、映画への愛-。閉館が決まった映画館の新入社員・明日香が、館内で謎の老人と出会い、思わぬ展開へ。長い歳月の間人々に愛されてきた映画館が、最後にくれたサプライズに心が熱くなる!

老舗映画館の大黒座が閉館することになった。そこで働き始めたばかりの新入社員 明日香(藤原令子さん)は、ある夜、館内で謎の老人に出会うが、彼は奇妙な言葉を残し、忽然と消えてしまう。バーテンダーのアキラ(本郷奏多)は、いつか自分の映画を作りたいと夢見ている。大黒座の女性支配人(石田えりさん)は、閉館への反対を押し切って気丈に振る舞っていた。泣いても笑っても、もうすぐ、大黒座はなくなってしまう…。劇場の壁という壁が、町の人々が書いたメッセージで埋まっていく。そしてついに閉館の日。スクリーンに最後の映画が映しだされると、明日香の前に、あの謎の老人が再び現れ…。長い歳月の間人々に愛されてきた映画館が、最後にくれたサプライズとは―。

上映前に行われた舞台挨拶にて、拍手で迎えられた本郷は、「1年ぐらい前にこの作品を撮ったのですが、ようやく今日皆様に観ていただけるということでどういう反応が得られるのかすごく楽しみです。ぜひ楽しんでいってください。」と挨拶。

同作への出演について、「実はこの映画の主役は“大黒座”であって、歴史ある本当にあったものを使って撮影しているからこそすごくメッセージ性が強いといいますか、実際に映画館へ足を運んだ方々の想いみたいなものがのっている作品で、久々にあったかい作品に出たなという感じがありました。僕は違うんですけど、キャストもスタッフも広島に縁のある方々を集めてらっしゃって、こういうテーマだからこそ、それはすごくいいなと思った宮城県民でありました。」と語った。

映画館の思い出については、「僕自身、映画をあまり観ないので、舞台挨拶などで来る回数のほうが圧倒的に多いぐらいで、あまり思い出がないんですけど…。」と明かしながらも、「我々は(映画に)出る立場じゃないですか。この作品を観て、その中で生きている人たち皆が映画館を愛していて、必要としていて、こういう風に思ってくれている人がたくさんいるんだなと思いました。もともと自分がしている仕事にあまり誇りは持ててなかったんですけど、というのも基本的に社会の歯車を回していないところで働いている人間なので…。でもこんな風に思ってくれる人たちの想いが結構あるんだなと思うことができてすごくよかったなと思います。」と笑顔で語った。

最後に、「この作品はすごくハートフルな作品で、悪い奴が一人も出てこないので、そういうのは今どき結構めずらしいかなと思います。映画館と自分の思い出を重ね合わせて観ていただくのが一番かと思いますので、ぜひそんなことを考えながらあったかい気持ちを受け取って帰ってもらえたらうれしいです。今日は楽しんで帰ってください。」とメッセージを送った。

映画「シネマの天使」は、11/7(土)全国公開!<10/31(土)広島先行公開>
実在した日本最古の映画館を舞台に繰り広げられる、心温まる“映画館の物語”にぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top