shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

藤本泉 映画「通学シリーズ 通学途中」初日舞台挨拶!

藤本泉出演映画「通学シリーズ 通学途中」が公開初日を迎え、11/21(土)池袋HUMAXシネマズにて行われた初日舞台挨拶に監督・共演者とともに藤本が登壇した。

同作は、月間770万人が訪問する小説投稿コミュニティー「E★エブリスタ」から生まれ、閲覧者数と書籍(集英社ピンキー文庫)の販売部数を合わせた読者数が500万人を突破した「通学シリーズ」の中から、女子中高生の間で“感動を呼ぶ”と特に人気の高い「通学電車」と「通学途中」の映画化。この2作品は、登場人物や舞台が共通しているものの、それぞれ独立したストーリーを描く。公開中の「通学電車」、そして第2弾となる「通学途中」が公開日を迎えた。

内気で恋に不器用な女子高生ユキ(森川葵)が恋したカレにはもう彼女がいた…。現実を受け入れたいと思っていても想いは募るばかり。そんなユキをいつも見守っているのは、同じ美術部のコウ(中川大志)。ユキにとっての「真実の恋」の相手は!?

上映後に行われた舞台挨拶で藤本は、「貴重なお休みの日に、たくさんの方にお集まり頂きましてありがとうございます。やっと公開という事で私たちもとても楽しみにしていました。短い時間ですが宜しくお願いします。」と挨拶。

藤本が演じるユカは、現在公開中の「通学電車」ではユウナ(松本愛莉)の親友役、同作では彼氏のキョウスケ(赤楚衛二)を好きなあまり、ユキに対して冷たくしてしまうという役どころ。

2作品で同じ“ユカ”を演じる事について、「一人の女の子なので大変ではなかったのですが、『通学電車』では見えなかったユカの部分が同作ではたくさん出てきます。そこは台本を読んだ時も面白かったのですが、完成した作品を見て、ユカがユキちゃんに強く当たっちゃうところで、共感して頂けるのかなと思いました。」と語り、恋人同士のキョウスケとのラブラブシーンでは、「仲が良さそうに見えるカフェのシーンでは、アドリブで演じました。」と撮影を振り返った。

さらに、お気に入りのシーンを聞かれ、「ユキちゃんと揉めてしまってから仲よくなるくだりは思い入れもありますし、好きです。」と森川とのシーンを挙げると、間髪を入れず森川の方を向いて、「さっき編みこみを教えて、編めるようになったんだよね。」と控え室での話が持ち上がり、森川も、「編めるようになったんです!」と髪型をアピールすると、客席からは「カワイイ」と声援が沸いていた。

同作に出てくるキャラクターに恋をするとしたら?という質問があがり、「キョウちゃんです。ユカが間違った事をしてもちゃんと言ってくれるような人が良いです。」と自身が演じた役柄も踏まえて回答し、さらに、同作のタイトル『通学途中』で、実際にどのように過ごしていたか?という質問で、「高校時代は下校での寄り道を楽しんでいました。クレープやタピオカを食べながら帰ったり、それが楽しかったです。」と思い出を語った。

最後に、「いろいろな人に感情移入ができると思いますので、楽しんでいただけたらと思います。まだ『通学電車』をご覧になっていない方も合わせてぜひ見てください。宜しくお願いします。」とメッセージを送った。

映画「通学シリーズ 通学途中」は、池袋HUMAXシネマズ・渋谷HUMAXシネマほかで絶賛公開中!ぜひ劇場でお楽しみください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top