shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

林遣都 映画「しゃぼん玉」主演決定!

林遣都が、映画「しゃぼん玉」で主演を務めることが発表された。

同作は、「亡国のイージス」の阪本順治監督や「相棒」の和泉聖治監督のもとで助監督を、TV「相棒シリーズ」では監督を務める東伸児さんが、直木賞受賞作家・乃南アサさんのベストセラー小説「しゃぼん玉」(新潮文庫刊)を映画化。

原作は、親に見捨てられ、通り魔や強盗傷害を繰り返す無軌道な若者が、逃亡先で偶然出会った老婆や村の人々の愛情によって、失くした感情を取り戻していく。宮﨑を舞台に、孤独な若者と老婆の出会いを通じて血の繋がりを超えた絆を描いた感動傑作。

同作も宮﨑県で撮影を敢行。延岡市、日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町の宮崎県北部の9市町村で構成される宮崎県北部広域事務組合(天孫降臨ひむか共和国)が特別協賛、また宮崎県の後援も決定している。

主演決定に林は、「愛はどこからでも生まれ、人を築いていってくれる。どんなに苦しくても、大切な何かを失っても、生きてさえいて、誰かが見ていてくれれば、必ず取り戻すことができる。原作を読み、自分自身と重ね合わせ強く感銘を受けました。自分の居場所を見つけ、愛を知り、どんどん変わっていく伊豆見の心の動きを、大事に、繊細に表現したいと思います。」と語った。

林遣都主演映画「しゃぼん玉」は、2017年春、全国ロードショー!!
ぜひご期待ください!


【ストーリー】
親に見捨てられ、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返し、自暴自棄な逃避行を続けていた伊豆見(林遣都)は、逃亡途中の宮崎県の山深い村で、怪我をしている老婆・スマ(市原悦子さん)を助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになる。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、スマをはじめ、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人たちが、あれこれ伊豆見の世話を焼き、山仕事や祭りの準備を手伝わせられるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しずつ変化が訪れる。また、ある事件をきっかけに村に10年ぶりに帰ってきた美和(藤井美菜さん)との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。今まであきらめていた人生をやり直したい。そう決意した伊豆見は――。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top