shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

早織 舞台「イントレランスの祭」公演スタート!

早織出演舞台「イントレランスの祭」が、4/9(土)全労災ホール/スペース・ゼロにて公演初日を迎えた。

作家・演出家の鴻上尚史さんによる演劇プロデュースユニット・KOKAMI@network(コーカミネットワーク)第14回公演として上演する同舞台は、鴻上さんが2012年に自身が主宰する劇団「虚構の劇団」にて発表した作品を、2016年版として改訂し、新演出として上演する。「イントレランス」とは、不寛容ということ。この時代の不寛容をテーマにした「地球人に憧れる宇宙人と宇宙人を愛した地球人の日常と冒険の物語」を描く。

あるとき、地球に580万人の宇宙人が難民として逃げてきて、各国はきまった割り当てに従い、日本では25万人の宇宙人を受け入れることとなった。宇宙人が地球に溶け込み、生活を始めてから数年がたったある日、売れないアーティストの佐渡健吾は恋人の青井蛍から自分は宇宙人だと自白されるが…。

早織は、移住してきた宇宙人の排斥を目的とする集団「ジャパレンジャー」の隊員・大石を演じる。

舞台「イントレランスの祭」は、東京公演4/9(土)~4/17(日)全労災ホール/スペース・ゼロ、大阪公演4/22(金)~4/24(日)シアターBRAVA!、東京凱旋公演4/29(金)~5/6(金)よみうり大手町ホールにて上演!
ぜひ劇場でお楽しみください!

◆舞台「イントレランスの祭」公式サイト
http://www.thirdstage.com/knet/intolerance2016/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top