shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

林遣都 劇場版アニメ「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」初日舞台挨拶!

林遣都が声優出演する、劇場版アニメ「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」の初日舞台挨拶が、4/23(土)新宿バルト9にて行われ、林が登壇した。

1996年「週刊少年ジャンプ」で連載を開始。2000年にテレビアニメが放映され、その後、最も売れたトレーディング・カードゲームとして、ブームの火付け役ともなった「遊☆戯☆王」。連載開始から20周年となる2016年、「遊☆戯☆王」その後のエピソードを描いた初の長編映画が劇場に登場する。

千年パズルを完成させたことにより、≪闇遊戯≫という、もう1人の人格を呼び覚ました武藤遊戯。海馬コーポレーションの社長にして決闘者(デュエリスト)の頂点に君臨する海馬瀬人や、仲間たちと数々の死闘を繰り広げたが、過去との因縁により、もう1人の自分との戦いを余儀なくされ、遊戯と闇遊戯はついに決別し、別々の道へ旅立つこととなった―。そうして闇遊戯との最後の死闘を終えて、日常を取り戻したかに見えた遊戯たち。その前に現れた謎の小片≪藍神(あいがみ)≫。そして、世界中で次々と起こる謎の失踪事件。ただひたすら千年パズルを探し求める海馬。すべてのピースが合わさるとき、再び決闘(デュエル)の幕が切って落とされる!

林は、遊戯たちの前に突如として現れる謎の少年・藍神の声を務める。その正体や目的などは謎に包まれているが、額に浮き出るマークは一体何を表すものなのか…。

上映後舞台挨拶にて林は、「子供の頃から遊戯王が好きで、ずっと夢中になっていた作品にこういった形で参加させていただいて、そして初めて声優をやらせていただいて、こうして初日迎えられた事を嬉しく思います。今日は宜しくお願いします。」と挨拶。

同作へ出演した感想を聞かれると、「本編を観させていただいて、子供の頃の興奮していた記憶が鮮明に蘇ってきて、改めて遊戯王の持つパワーは凄いなと感じました。あと、10年ぐらい俳優業をやらせていただいて色々な役をやっているんですけど、(同作への出演に)地元の友達が1番食いついてきて、『遊戯王やるの?凄い!』と言われて、同世代がみんな覚えている作品って改めて凄いなと感じました。」と話した。

“林にとっての遊戯王とは”という質問には「世代を超えてずっと愛され続けていて、やっぱり終わってほしくないものだなと感じました。今回遊戯が(劇中で)『世界中で楽しめる新しいゲームを作りたい』と夢を語っていて、いつかそんな遊戯がまた見たいと思いましたし、新たなゲームが生まれないかなって期待しています。」と笑顔で語った。

劇場版アニメ「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」は、4/23(土)全国公開!ぜひ劇場にてご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top