shadow

prev

next

ニュースNEWS

DVD

矢野優花 Vシネマ「帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS」完成披露上映会!

矢野優花出演Vシネマ「帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS」の完成披露上映会が、5/7(土)東京・ニッショーホールにて行われ、共演者とともに矢野が登壇した。

スーパー戦隊シリーズ39作目のヒーロー「手裏剣戦隊ニンニンジャー」(テレビ朝日系列・2015年2月~2016年2月放送)は、ラストニンジャの称号をかけて、宿敵・牙鬼幻月(きばおにげんげつ)から地球を守る6人の若き忍者たちの姿を描いた物語。忍者をモチーフに“忍ばず暴れる”明るく賑やかなスーパー戦隊として人気を博した。
そして、同作では牙鬼との激闘から2年後、それぞれの夢に向かって旅立った6人が再集結。新たに天晴の母・桜子や、7人目のニンニンジャーとしてミドニンジャーが登場したり、アニメ化まで遂げ、ニンニンジャー最終章としてVシネマが完成した。

伝説の忍者・好天の三回忌をきっかけにニンニンジャーの6人は再び忍術道場に集まった。そこへ突如現れた牙鬼の残党を相手に、お互い成長した姿を見せあうように妖怪を倒していく。中でも、ガシャドクロを生身で倒してしまうシロニンジャー・風花とモモニンジャー・霞の成長に驚く一同。この2年、2人は強さと人気を兼ね備えたアイドル忍者“ニンニンガールズ”として平和を守っていた。
戦いを終え、久々の再開を喜ぶ6人の前に、アカニンジャー・天晴と風花の母・桜子が現れ、“ニンニンガールズ”をプロデュースしているという。さらに、世界進出を考える桜子から“伊賀崎流”の名前をかけて“ニンニンガールズ”と真剣勝負を提案され天晴、アオニンジャー・八雲、キニンジャー・凪、スターニンジャー・キンジの4人は“ニンニンボーイズ”として受けてたつこととなった。この試合もアピールの場として使おうとする桜子は、新メンバーとして九重ルナの加入をサプライズ発表し、ミドニンジャーシュリケンを勝手に与える暴走っぷり。そして、数合わせとして天晴と風花の父・施風も加わり4対4の真剣勝負が始まった。
時を同じくして、執念の復活を遂げた有明の方が萬月と、真剣勝負を利用したニンニンジャーの分裂を企て暗躍を開始するーー。
果たしてニンニンジャーは再び世界の平和を守ることが出来るのか!?

矢野は、“ラストニンジャ”と呼ばれる伝説の忍者・伊賀崎好天の孫で、主人公・伊賀崎天晴の妹・伊賀崎風花/シロニンジャーを演じている。

上映後に行われた舞台挨拶で矢野は、「皆さん、こんにちは。短い時間ですが楽しんでいきましょう。宜しくお願いします。」と挨拶。その後、「Vシネマどうでしたか?ニンニンガールズの衣装どうですか?」と来場者へ問いかけると、“面白かった!”“可愛い!”と元気な声が会場に響き渡った。

ニンニンジャーを応援してくれている方々の前に久しぶりに登壇した感想を聞かれて、「やっぱり皆さんの前では安心するというか、帰ってきたという感じがします。」とコメント。すると、お客さんから“おかえり!”と、多くの声に包まれた。

そして、アイドルの劇中衣装について、「この衣装は、竹本昇監督がデザイン画を描かれて、すごくこだわりが詰まった衣装なんです。スーツの感じもあるので気持ちもキュッと引き締まりますし、女の子なのでフリフリした衣装が良いなと思います。クオリティの高さにビックリしました。」と笑顔で話した。

ニンニンジャ-では、6人で行う名乗りの口上がお馴染みとなっているが、この日は同作で一新されたニンニンガールズバージョンの口上を披露。矢野は、「白銀のワンナイトドリーム、ニンニンホワイト!」と、ポーズを決めて見せた。続けて、矢野は山谷花純さん(モモニンジャー・桃地霞)・藩めぐみさん(ミドニンジャー・九重ルナ)とともに、『ニンニンガールズ!忍ぶどころか!ときめくよ!』と息の合った名乗りを見せると、来場者からの盛大な歓声に包まれ、この日一番の盛り上がりを見せた。

Vシネマ「帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS」は、6/22(水)発売!通常版のほか初回生産限定として、ニンニンジャーの全てが分かる“超全集”が特典として付いてくる「超全集版」と、“超全集”とVシネマ限定“ミドリンジャーシュリケン”が特典として付いてくる「超全集&忍シュリケン版」の2種類がリリースされますので、ぜひお楽しみください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top