shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

本郷奏多 写真集「KANATA HONGO 2016」発刊記念握手会!

本郷奏多の写真集「KANATA HONGO 2016」発刊記念握手会が、5/29(日)福家書店新宿サブナード店にて行われた。

ふんわりした笑顔から、大人の色気が漂う艶っぽいまなざしまで…。本作では日常/非日常のふたつの世界で魅せる、多彩な表情をたっぷり収めた1冊。愛犬と一緒にいるときの表情はとても柔らかく、その一方で、シチュエーションが変わると鋭い目つきや艶っぽいまなざしを魅せる瞬間も。巻末には、自身の “LIKE”なものにまつわるエピソードのほか、現在の心境を語るインタビューも掲載。俳優・本郷奏多の新たな魅力が詰まった1冊となっている。

イベント前に行われた囲み取材で、今回の写真集発売について、「写真集を出すのは2回目なのですが、前回が7年も前で、ずっと機会があったら作りたいなと思っていたのがようやく実現してうれしいです。7年って結構な年月だと思うんですけど、自分ではいい感じに年をとれたと思っているので、ちょっと大人っぽくなった自分が表現できているかなと思います。」と語った。

カメラマンを務めた小暮和音さんは本郷の大学時代からの友人だといい、今回のタッグについて、「大学時代の同級生で今も親友で、僕が最も尊敬するカメラマンである小暮和音くんが撮ってくれました。在学中から、お互い卒業して一人前になったら何か作品を作りたいという話をしていて、今回タイミングが合ってご一緒することができました。やっぱり友達だからこそ出せる表情といいますか、すごくリラックスして作れたので、お互いすごくよかったんじゃないかなと思います。2016年カレンダーを出したときも和音くんに撮ってもらいましたが、でも写真集が作品としてずっと残るものだと思うので、いつか一緒にやりたいと思っていたのがこんなに早く実現してよかったということと、これからもお互い成長してがんばっていこうという話をしました。」と感慨深い様子。さらに小暮さんの尊敬しているところを聞かれ、「誰よりも写真に対する熱意というか愛が本当に強くて、真面目で実力も高いし、謙虚ですごく良くできた大人だというか、プロのカメラマンだなと思う点がたくさんあって、学生時代からずっと尊敬していました。プライベートでポートレートを撮ってもらったこともあって、その出来は他の人に撮ってもらうより格段にレベルが違ったので、やっぱり優秀なんだなと思って、今回につながってよかったと思います。」と話した。

お気に入りの一枚には、愛犬“らみちゃん”との写真を挙げ、「わたくし、ヨークシャー・テリアのらみちゃんという犬を飼っていまして、イチゴを食べさせているカットがすごくかわいいかなと思います。作り上げるときにカメラマンの小暮とも話して、どういう風に組み立てていこうかという話をしていたのですが、やっぱり自分の好きなものが詰まっている作品がいいかなと。例えば、ベースやカメラが好きで、その中で特に好きなものというと、僕は世界で一番らみちゃんを愛していますので、入れるのはマストだったという感じです。撮影中は自分でもびっくりなぐらいすごくお利口で、カメラにどう撮られたら自分がかわいく映るかもわかっているし、出番でないときはおとなしく待っていて、すごく優秀だなと思ったので、もしちょうどいいヨークシャー・テリアを探していたら、ぜひお声がけいただけたらと思います。」とらみちゃんもPRし、会場の笑いを誘った。

先日は、2017年冬公開の映画「鋼の錬金術師」にエンヴィー役で出演することが発表。そのキャラクタービジュアルから、どのように再現されるのかにも大きな注目が集まっているが、「あまりたくさんはしゃべれないですが、先日衣装合わせをして、ほぼほぼ原作のイメージに近い格好になっています。多少スタイリッシュになっている部分もあるんですけど、ビジュアルは全体的に近づけるんじゃないかなというイメージなので非常に楽しみです。好きな作品なので気合も入っていますし、イメージを崩さずにできたらと思います。(MC:攻めている衣装ですが抵抗は?)そういうのはないです。夏場の撮影だから暑いよりはいいかな(笑)。最終的にトータルしたらかっこよくなっていると思うので、大丈夫だなと思います。キャラクターになれるわけなので、100%振り切って、作りこまれたファンタジーの世界の映画もたくさんできるものではないと思うので、楽しんでやれればと思います。」と笑顔を見せた。

本郷は、6/16(木)より開幕する主演舞台「ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016」を始め、漫画・アニメ原作作品への出演が続くが、キャラクターを演じる上で心掛けていることについて聞かれると、「僕が毎回必ずやっていることとしては、自分を出すのではなくて、原作のイメージがそのまま実写になったらどうなるんだろうというポイントに着地させていくだけというか、原作のイメージは絶対的に崩したくなくて、ビジュアルやしゃべりかた、声のトーンなど、なるべく自分で寄せられるところは寄せるということだけをしてきました。そうしたら原作を好きだった人からも、“ちゃんと勉強してやってくれてるんだ”と捉えてもらえていると思うので、それがたまたま今につながっているだけかなと思います。人気原作をお借りしている立場なので、“俺が俺が”っていくのは絶対的に違うことだと思うし、ただただものまねをしているだけです。」と真摯に語った。

最後に今後の目標について、「漫画・アニメ原作にたくさん出させてもらっていますが、やっぱりまだ若いからできているところもあると思うし、ビジュアルがハマるキャラクターも限られてくると思うので、20代いっぱいぐらいまではそういうお仕事をなるべくたくさんできたらいいなと思います。どっかいいタイミングで、きっと渋みが増してくるはずなので、そしたらいい落ち着いた俳優さんにシフトしていけたらいいなと思います。とにかく一生役者として続けていけたら、それだけが目標です。」と語った。

写真集「KANATA HONGO 2016」は、好評発売中!
ぜひお手に取ってお楽しみください!

★写真集「KANATA HONGO 2016」
発売日:2016/5/25(水)
価格:2,500円(税抜)
仕様:A4変形/本体88ページ
撮影:小暮和音
出版社:ぴあ株式会社

★スターダストショッパーズ(通信販売)にてご予約受付中!
オリジナル特典:サイン+メッセージ入りカード(A5サイズ)
※サイン+メッセージは印刷です。
※絵柄はスターダストショッパーズオリジナル絵柄です。
※カードはクリアケースに入れてのお届けとなります。
PCの方 ご購入はこちら>>
スマートフォンの方 ご購入はこちら>>
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top