shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

常盤貴子 主演映画「だれかの木琴」完成披露プレミア試写会!

常盤貴子主演映画「だれかの木琴」の完成披露プレミア試写会が、8/16(火)都内にて行われ、監督・共演者と共に常盤が登壇した。

同作は、観る者が心の奥底に抱える孤独を解き放つ、魂の美しき共鳴の物語。平凡に生きてきた主婦が、ふとした心の隙間に入って来た美容師の男に、どうしようもなく心を囚われていく。あなたなら、この〈名前のない想い〉を何と呼ぶ?好奇心…衝動…執着…恋…それとも欲望? エスカレートしていく彼女の言動に息をのみながら、私たちはふと気づくだろう。SNSでフォローしている特別な相手に対してやっている自分の行為と似ていることに。休日に誰とどこへ出かけたのか、今どこで何を食べているのか、見たい、知りたい──。
閉塞した現代社会で孤独を癒すためにSNSに逃げ込む私たちと、癒す術を持たず美容師の男にのめりこむ主婦、そんな女の飢餓感を見つめる男の〈想い〉が重なり合っていく。愛と呼ぶにはあまりにも危険で切ない、求め合いねじれゆく男と女をスリリングかつエレガントに描く、大人のためのサスペンスが誕生した。

試写上映前の舞台挨拶にて常盤は、「本日はオリンピックで寝不足の中、甲子園も観なきゃいけないのに『だれかの木琴』の試写会に来ていただきありがとうございます(笑)。私は東陽一監督の映画を物心がついた時から観ていて、本当に大好きで、その中に自分がいられるって考えただけでワクワクして、実際今こうやって完成して、監督と同じ舞台の上に立てていることが夢のようです。ぜひ楽しんでいただけたらと思います。」と完成の喜びを交えて挨拶。

東監督の演出については、「監督に初めてお会いした日に最初に言われたのが、『役作りをしないでください』ということで、その事が私は嬉しかったです。嬉しかったというのは、ちょうどその時期に私自身が小津安次郎さんの映画のような芝居に興味を持っていて、その芝居というものがどういうものなのかをずっと考えていたので、そのタイミングでその言葉を言っていただき、あの謎に迫っていける、答えが出るかもしれないと思いました。自分が今まで築いてきたキャリアを置いてきてチャレンジする場所だったので、恐いことはありましたが凄く良いチャレンジだったなと思っています。」と振り返った。

また、常盤が演じる主人公・親海小夜子の心情を分析するならという質問には、「それは観て感じていただけると嬉しいです。(小夜子の心情を)想像するのが楽しい映画だと思うので、そこが最大の楽しみポイントだと思います。」とコメント。

最後にご来場いただいた皆様に向けて、「この映画はとてもゆったりとした時が流れていて、フランス映画のような時間を過ごすことができると思います。こういう映画を多くの人が観に来てくださって楽しんでくれる日本になったらいいなと思います。どうぞ楽しんで帰ってください。」とメッセージを送った。

常盤貴子主演映画「だれかの木琴」は、9/10(土)有楽町スバル座、シネマート新宿ほか全国公開!
是非ご期待ください。

【ストーリー】
親海小夜子(常盤貴子)は、警備機器会社勤務の優しい夫の光太郎(勝村政信)と、可愛い中学生の娘かんな(木村美言)と3人暮らし。念願の一軒家に引っ越した小夜子は、近くで見つけた美容院で山田海斗(池松壮亮)と名乗る若い美容師に髪を切ってもらう。
「本日はご来店、ありがとうございました。」
その日のうちに海斗からのお礼のメールが届き、小夜子は「今後ともよろしくお願いします」となにげなく返信するが、なにかが小夜子の中でざわめいたのだった。その返信にさらに返信を重ね、レスが途絶えると再び店を訪れて海斗を指名する小夜子。
ある日、店での会話をヒントに、海斗のアパートまで探し当てた小夜子は、ドアノブに「買いすぎたのでどうぞ」というメモとともに苺のパックを吊るして帰る。新しいお得意様に対する拭いがたいもやもやを感じていた海斗は、はっきりと小夜子の執着を危険なものとして感じ取る。次の休みの日、またしても小夜子は海斗の家にやってきて、今度は家の呼び鈴を押した。近くまで来たという小夜子に海斗は「汚いとこですけど、どうぞ」と招き入れる。「そんなつもりじゃ」と慌てる小夜子だったが、部屋に吸い込まれるように入ってしまうのだった……。
やがて家族や周囲を巻き込み、2人の関係がたどり着いた思わぬ結末とは──?

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top