shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

ブラザートム 舞台「 ナイスコンプレックス『ゲズントハイト~お元気で~』」公演スタート!

ブラザートム出演舞台「 ナイスコンプレックス『ゲズントハイト~お元気で~』」が、10/26(水)~東京芸術劇場シアターイーストにて公演スタート!公演に先駆けて、同日同劇場にてマスコミ向けの公開ゲネプロが行われた。

同作は、日本でクリニクラウンを普及させるために奔走したクラウンの方の実話をもとに、彼らの挑戦と葛藤を描き、【笑顔】の大切さを問い、 【笑顔】の力で魅せる、【笑顔】の連鎖が生まれる、ナイスコンプレックス代表作。

ゲネプロ開始前の会見にて、梨田栄一朗役を演じるトムは「お忙しくて来られない方、地方にいらっしゃる方、チケットだけ買ってもらえたらそれだけでいいです。お金になれば十分です。皆さん“来るのか来ないか”“チケットを買う”どちらかの形でこの作品に付き合ってください。自分で来られない方は買って誰かにあげる。この姿勢が大事だと思います。」とコメント。共演者からすかさず「絶対に来てください!」とかぶせられ、会場は笑いに包まれた。

舞台「 ナイスコンプレックス『ゲズントハイト~お元気で~』」は、10/26(水)~10/30(日)東京芸術劇場シアターイーストにて上演。
ぜひ劇場にてお楽しみください。

【あらすじ】
あなたの顔が微笑みに和らぐ、その一瞬が見たいから…

静寂に包まれ、消毒液の臭いがする薄暗い病院。
その中を、元芸人は、ピエロの様におどけジョークを連発しながら闊歩する。
「笑いから得る免疫効果」を信じ、病める人々の為に、彼は今日も赤い鼻をつける。

人を笑わせることに人生をかけた芸人が現実と向かい合い、
挫折の末見つけた自分の居場所。
難病の治療と向き合う子供達の「笑顔」を取り戻す為に元・芸人は奔走する。

現在の日本での医療とケアクリニックの、形にできないズレ。
正しい事をしている筈なのに受け入れられない環境。

理想を現実のものにするべく元・芸人がとった行動は?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top