shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

片桐はいり 新春スペシャルドラマ「富士ファミリー2017」取材会!

片桐はいり出演、新春スペシャルドラマ「富士ファミリー2017」の取材会が11/28(月)NHKで行われ、片桐が出席した。

同作は、「昨夜のカレー、明日のパン」、「Q10」、「すいか」、「野ブタ。をプロデュース」などで知られる木皿泉さんが脚本を担当、富士山のふもとにあるコンビニとは名ばかりの時代遅れの店『富士ファミリー』の三姉妹を中心に、彼女たちをとりまく面々のちょっと変わった大家族の物語。今年1月に第1弾が放送され、同作はその続編となる。

片桐は『富士ファミリー』に同居、三姉妹の父親の妹・笑子バアさんこと、小国笑子を演じる。

劇中の装いで取材会に出席した片桐は、「この作品はおせち料理のようなドラマ。美味しいモノがいっぱいあって、でも作り過ぎてしまってお重に入りきらないんです(笑)。皆さんと時間をかけてたくさん作るのですが、入りきらなくて…。ぜひNHKの方には次の時にはもう少し尺を、お重を大きくしていただきたいなと。そして、おせち料理はお正月に皆さんで食べていただく為に作るので、冷凍したらダメだと思うんです。(前回)録画で観たという方がいらっしゃったのですが、お正月にお茶の間で観ていただくと良いように味付けしていますので、ぜひそういった形で観てください。」と片桐なりの言いまわしてPRし、会場の笑いを誘った。

その後、印象に残っているシーンを聞かれ、「実年齢は(役柄よりも)若いので、薬師丸ひろ子さん演じる鷹子さんの動向に目を奪われるのですが、今回も鷹子さんと幼なじみのお友達のところで泣いてしまいました。そして演じるものとしては、木皿さんの危険なギャグがいっぱいあって、大丈夫なのかと思いながら世界の吉田(演出の吉田照幸さん)にお願いをしました。」と答えた。

同作が新年ドラマであることから、来年の抱負、新年の過ごし方は?という質問があがり、「来年の抱負はまだ考えておりませんし、来年生きているかどうかも分からない年齢ですので…。前回はお正月にこの作品を観たいと思いながら海外にいて観れませんでした。今回は日本にいて、このおバアちゃんと同じ境遇で身寄りがないので、ひとりでこのドラマを正座して観たいと思います。そうですね…来年は身寄りを増やすことにします(笑)。でもこのドラマをやって、年をとるのが怖くなくなりました。年をとっても愛嬌さえあれば生きていけるのではないかと希望を持ちました。ぜひそういう老後に向けて来年も生きていこうと思います。」と笑顔で話した。

新春スペシャルドラマ「富士ファミリー2017」は来年1/3(火)21:00よりNHK総合にてO.A。
ぜひご覧ください。

【ストーリー】
富士山のふともとある小さなコンビニ「富士ファミリー」の、評判の美人三姉妹。
しっかり者の長女・鷹子(薬師丸ひろ子)。自由奔放な次女のナスミ(小泉今日子)。要領がいい三女の月美(ミムラ)。ナスミは東京で結婚したが、夫の日出男(吉岡秀隆)と二人で戻ってきてすぐに、病気で亡くなってしまった。
鷹子は今年ようやく、雅男(高橋克実)と結婚し、近所のマンションで新婚生活を送っている。ナスミの元夫・日出男は愛子(仲里依紗)と再婚し、娘を授かったが、変わらず店を切り盛りしている。店には新しくアルバイトの“ぷりお”(東出昌大)が入ってきた。そして、ナスミは笑子バアさん(片桐はいり)だけに見えるユーレイとして現れる。
年の瀬も迫ったある日、鷹子は、有名な予言者のキティ・トーヤマ(YOU)の雑誌記事を目にし、中学の同級生であることに気づく。中学時代の日記には、鷹子の運命に関するとんでもない予言が。新入りユーレイのテッシン(羽田圭介)、笑子バアさんの友達(?)・徳三(鹿賀丈史)らが加わり、ファミリー面々それぞれの人生に騒動が巻き起こる!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top