shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「きょうのキラ君」完成披露試写会!

中川大志主演映画「きょうのキラ君」の完成披露試写会が1/26(木)都内で行われ、監督・キャストと共に中川が登壇した。

同作は、2011年から2014年まで別冊フレンド(講談社)にて連載、「近キョリ恋愛」、「午前0時、キスしに来てよ」で知られる人気少女漫画家・みきもと凜さん原作の中でも、切なく純愛なストーリーとして中高生を中心に絶大な支持を獲得した、2017年・大注目の“キュン泣きラブストーリー”。

誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”(中川)に恋をした“ニノ”(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近!初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な“秘密”を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は―?
同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼馴染の澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない“365日”がはじまった。

同作の主人公・吉良ゆいじを演じる中川は、「今日はついに皆さんに観ていただけるということで、本当にワクワクしていました。短い時間ですが皆さんと楽しい思い出を作れるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

劇中の注目シーンにあげられ、“壁ドン”に次ぐ 2017 年の新モテとして話題の“カーテンの刑”をイメージした演出で登場となったが、「“カーテンの刑講座”という動画を撮ったのですが、それ以来ぶり。本当に緊張しました。」と照れ笑いを浮かべた。

少女マンガの実写映画化で初主演を務めた中川。撮影にあたり、「(川村泰祐)監督が“こうしたら観てくれる人がキュンキュンしてくれるんじゃないか”とか、恋愛マスターのように言ってくださって…。“やったるぞ!”という思いでした。初めての経験もいっぱいありましたし、普段絶対に言わないようなセリフもあったので、家で一人でつぶやきながら練習しました。」と当時を振り返った。

この日は、同作で号泣シーンやセリフが多々登場することから、その中でも印象的なシーンをステージで再現。中川演じるキラがニノに“チューしていいすか?”と聞いて抱き合うシーンを披露することになり、相手役は飯豊さん、葉山さん、そして平さんの中からくじ引きで決めることに―。「男の子もいるんですけど…。」と言いつつ中川が引き上げたのは、葉山さん。「男同士のシーンを見たいですか?」と不安な表情を浮かべながら無事演じ終えると、「なんですかこの時間は(笑)。映画を撮っていた時より緊張しました。本編はこういったシーンはございませんので。」と客席に投げかけ、笑いを誘っていた。

そして最後に、「この後、映画を観ていただけるということで、どんなリアクションをしていただけるのかすごく楽しみです。観終わった後に、大切な人の存在を再認識できる温かい映画になっていますので、楽しんで観てください。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「きょうのキラ君」は2/25(土)公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top