shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

松尾太陽(超特急・タカシ) 映画「一週間フレンズ。」バレンタイントークイベント!

松尾太陽出演映画「一週間フレンズ。」バレンタイントークイベントが、2/6(月)に行われ、共演者とともに松尾が出席した。

同作は、シリーズ累計170万部を突破する葉月抹茶さんの大人気コミックの映画化で、毎週月曜日になると友達のことを忘れてしまう少女・藤宮香織と、初めて彼女に会った日から惹かれ、何度忘れられても思い切って「友達になってください」と思いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹が織りなす切なくも淡い恋物語。4コマ漫画とストーリー形式漫画のミックスという独自な形態でありながら、14年にTVアニメ化、さらに同年、舞台化もされ大反響を呼ぶと共に、今世紀いちばん泣ける純愛(ピュアラブ)として、世代を超えて多くのファンから愛され続けている。

高校2年の長谷祐樹(山﨑賢人)は、初めて会った日から惹かれていた同級生・藤宮香織(川口春奈さん)に、思い切って「友達になって下さい」と声をかける。が、香織は必死で祐樹を拒む。実は彼女には、“友達のことを一週間で忘れてしまう”という記憶障害があった。それでも香織のそばにいたいと願い、毎週月曜日、記憶がリセットされるたびに、香織に会いに行く祐樹。二人は交換日記を始めて、少しずつ距離を縮めていく。そんなある日、香織の過去を知る転入生が現れて―。

松尾は、香織、祐樹と同じクラスで、祐樹の親友・桐生将吾を演じる。

この日は、本作の「想いは叶う」というメッセージに基づき、“恋に仕事にがんばる”20代女性をご招待し、バレンタイントークイベントが開催された。イベントに出席した松尾は、「皆さん、こんにちは。桐生将吾役を演じました、松尾太陽です。今日は、“松尾太陽”ということで少し緊張をしているんですけど、温かく見守っていただけたらと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

超特急メンバー“タカシ”としても活動している松尾だが、本作では単独出演。撮影現場を振り返り、「クランクインではすごく緊張していたのですが、その緊張をほぐしてくださったのが、主演のお二人で、すごくありがたいなと思いました。うれしい気持ちにもなって、楽しく撮影させていただきました。」と語った。

続いて会場の女性から募集した恋にまつわる質問に、キャストがアドバイス&エールを送るコーナーが行われた。『憧れのバレンタインシチュエーションを教えてください』という質問には、「チョコがロッカーや机の中に入っているのは憧れますね。誰もが学生時代に、“あるかな?なかったー!”みたいな感じのこと、あったと思うんですよ。それが実際に実現していたらうれしいと思います。(MC:経験あるのでは?)全くもってないです!あったら言いたいんですけど、悲しいことにないんですよ。そのために家の前にチョコ専用のロッカーを付けようかな。お待ちしています(笑)。」と笑顔。
さらに、『自分から告白したことがありません。どうしたら勇気を出して告白できますか?』という悩みには、「僕も言えないほうです。勇気を振り絞らないといけないし、怖いという気持ちもあると思うんですけど、空元気でもなんでもいいので、“大丈夫。絶対に成功する!”と暗示をかけて挑むと思います。」と話した。
また、『好きな人を狙っている人が多数いるのですが、振り向いてもらうにはどうしたらいいですか?』という質問には、「僕は消極的なほうなので、積極的に来てくださると、インパクトに残ると思うのでいいんじゃないかなと思います。」と語った。

またこの日は2/10(金)に22歳の誕生日を迎える川口春奈さんへバースデーサプライズが行われ、主題歌を歌うスキマスイッチさんがサプライズ登場。『奏』の生演奏が行われ、会場が感動に包まれる中、イベントは幕を閉じた。

映画「一週間フレンズ。」は、2/18(土)全国ロードショー!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top