shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「きょうのキラ君」ヒット祈願バレンタインイベント!

中川大志主演映画「きょうのキラ君」のヒット祈願バレンタインイベントが2/13(月)東京タワーフットタウン屋上で行われ、共演の飯豊まりえさんと共に中川が出演した。

同作は、「近キョリ恋愛」、「午前0時、キスしに来てよ」で知られる人気少女漫画家のみきもと凜の原作「きょうのキラ君」を実写映画化。2011年から2014年まで別冊フレンド(講談社)にて連載され、累計230万部突破の大ヒットを記録した少女漫画「きょうのキラ君」は、切なく純愛なストーリーとして中高生を中心に絶大な支持を獲得した、2017年・大注目の“キュン泣きラブストーリー”。

誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”(中川)に恋をした“ニノ”(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近!初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な“秘密”を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は―?同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼馴染の澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない“365日”がはじまった。

同作の主人公・吉良ゆいじを演じる中川は、「今日は寒いですが、温かい時間にしたいと思っています。よろしくお願いします。」と挨拶。

この日は、展望台に繋がる階段に男女で上ると恋が叶うと言われている恋愛成就の名所・東京タワーに集まった恋人たちのバレンタインを後押しするため、恋愛成就を願い、東京タワーを“ピンク”色にライトアップする点灯式を実施。ライトアップされた東京タワーに「(点灯したことを)自慢したいです。遠くからも見たい!」と感激の様子。

東京タワーの思い出を聞かれると、「車で通ったり、電車の窓から見たりする時に、普段と光の色が違う日があって、そういうのを見れた時はラッキーって思えて、昔から通る時は気にして見ていたので、今日と明日この色を見れるのを楽しみにしていました。」とコメントした。

バレンタインの思い出では、「1年前のバレンタインは(「きょうのキラ君」の)撮影現場で迎えたのですが、(飯豊)まりえちゃんが全員分のブラウニーを作ってきてくれて、毎日撮影が大変な中で…女子力!と思いました(笑)。甘いものって疲れていると嬉しいですし、そのブラウニーがめちゃくちゃ美味しくて。今日も全員分を作ってきてくれて、先ほど食べました。どうやったらあんなにしっとり焼き上げられるのか…(笑)。」と振り返った。

理想の告白シチュエーションを聞かれ、「夜に東京タワーが見えるところで告白。」と語った中川。会場に集まった方々に告白のアドバイスをするならとMCから質問され、「直接顔を見て言われると嬉しいですし、届くんじゃないかなと思います。どストレートど真ん中で思いっきり面と向かって告白するのがいいのではないかと個人的には思っています。」と話した。

そして最後に、「もうすぐ映画が公開になります。恋人だけではなく、友達だったり家族だったり、そういう人たちとの時間を改めて大切に感じられるような映画だと思っています。キュンは詰められるだけ詰めました。キュンの詰め放題をしました(笑)。本当にキュンキュンシーンも満載ですし、心が温かくなるような愛の沢山詰まった映画になっていますので、ぜひ明日告白を成功させて映画を観に来てほしいなと思っています。今日は寒い中、ありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「きょうのキラ君」は2/25(土)公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top