shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

市原隼人 ドラマ「リバース」出演決定!

市原隼人が4月期放送のTBS金曜ドラマ「リバース」に出演することが発表された。

同作は、今年デビュー10周年を迎え、数々の賞に輝いた人気ベストセラー作家・湊かなえさんの同名小説のドラマ化。
人は誰でも罪を犯す。罪はどのように赦し、赦されるのか?
友情、絆を軸に家族愛、夫婦愛、恋人への愛など、様々な愛を人間ドラマで丁寧に描くと共に、原作の結末後の世界も、オリジナルストーリーとして用意されている。

物語は、有名大学を卒業しながらも地味で、つまらない程、普通の人生を送ってきた主人公・深瀬和久の恋人、美穂子のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届いたところから始まる。その時、深瀬は心の奥底にずっと封印していた親友・広沢由樹の死と向き合うときが来たと直感するのだった。
10年前の冬、大学のゼミ仲間・谷原康生、浅見康介、村井隆明と、村井の妹・明日香で行ったスノボ旅行中に不審な事故死を遂げた広沢。しかし――、この事故には隠された大きな『秘密』があった。この『秘密』を共有した谷原、浅見、村井にも告発文が送られ、彼らにも次々と事件が襲いかかる。
深瀬は大事な人を守るために、10年前の事件の真相と向き合うことを決意する。
10年前の隠された罪と真相、脅迫犯の正体とは――!?

市原は深瀬のゼミ仲間で、大手、九条物産社員・谷原康生を演じる。谷原は“みんなで行こうぜ”を口癖に人を分け隔てなく誘う、ゼミのリーダー的存在。大学時代から好きだった村井の妹と結婚し、現在は一児の父でもある。一浪して有名大学に入学したが、社会人になって挫折。上司のパワハラを受けて、会社に居場所がないが、妻には言えないでいるという役どころだ。

出演が決定し、「最後の最後まで、型にはまることのない展開が、湊かなえさんの作品の魅力だと思っています。このドラマもどんな展開になっていくのか僕もわかりませんが、皆さんにとって抱きしめて放したくなくなるような時間をお届けできたらいいなと思っています。」と意気込んだ市原。

撮影について、「(共演者の皆さんと)まだ深い話はできていませんが、一緒にいて楽しいです。自然と笑顔になれる時間があるし、自然と同じベクトルを向いていけるような気がしています。(演じる谷原は)主人公の深瀬に対して、逆の印象、対比的な存在に見えればいいなと思っています。」と語ると共に、「(雪山で)クランクインをして、まずは寒いです(笑)。気温に驚いていますが、それ以上のパワーと作品に対する思いが上回っているので、登場人物がどんな感じで絡んでいくのか、友情や恋愛、社会の中での人間性や家族の話、時系列も現在と過去があるので、その点と点がどう線になって重なっていくのか、一方的に構えることなく色々な目線で観て楽しんでいただければと思います。」と話した。

ドラマ「リバース」はTBSにて4月期、金曜ドラマ枠にて放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top