shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

山田孝之 ドラマ特別企画「破獄(はごく)」出演決定!

山田孝之が、2017年放送のテレビ東京ドラマ特別企画「破獄(はごく)」に出演することが発表された。

同作は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)を、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋で30年ぶりにドラマ化。脱獄阻止のエキスパートであり、監獄の守り神として絶対的自信を持つ看守部長・浦田進と、緻密な計画と大胆な行動力、そして無尽蔵の体力を武器に、犯罪史上未曾有の脱獄を繰り返した無期懲役囚との奇妙な共生関係を通して、「命とは何か」「生きるとは何か」そして、「人と人の絆とは何か」を描く、究極の脱獄&追跡エンターテインメントとなっている。

震災で妻と子どもを失い、生きる張り合いを無くし、脱獄阻止だけに命を燃やす一人の看守・浦田進(ビートたけし)。そんな彼の前に現れる一人の無期懲役囚の、無尽蔵の生命力と、「何があろうと生きてやる」という圧倒的なまでの意思は、時に看守を苛立たせ、やがて大きく突き動かしてゆく……。戦前から戦後にかけた、人情派看守と天才的破獄犯の闘いが始まる!

山田は、監獄の守り神として絶対的自信を持つ看守・浦田進と対決する犯罪史上未曾有の脱獄を繰り返した天才的脱獄犯・佐久間清太郎役を演じる。

同作の台本を読んだ感想について山田は、「これは心身共にボロボロになるだろうなと思いましたが、不思議なもので挑戦したくなるんですよね。」とコメント。

『佐久間清太郎という役についてどのような印象をもたれましたか?』という問いに、「浦田の台詞にもありますが、佐久間はとても素直な人だと思います。その素直さからくる行動や言動が人からは理解されず、恐怖にすら感じてしまう。そう思ったので僕も素直な気持ちで佐久間として生きました。」と語った。

『ビートたけしさんとの共演について一緒にお芝居をしてみていかがでしたか?』という質問には、「ビートたけしさんとは今までご縁が無くお会いするのは今回が初めてでした。北野武さんとしてもお会いできる日を楽しみにしています。」と話した。

最後に視聴者の方へ向けて、「佐久間という素直な人間を見たとき、見てくださった方々が自分に問いかける質問とはなんでしょうか。そしてその質問の答えを探したとき、あなたは今まで通り歩むことを選択するのでしょうか。」とメッセージを送った。

ドラマ特別企画「破獄(はごく)」は、2017年放送。ぜひご期待ください。
(敬称略)

2017年放送
ドラマ特別企画「破獄(はごく)」
テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送
http://www.tv-tokyo.co.jp/hagoku/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top