shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

瀧本美織 音楽劇「マリウス」開幕!

瀧本美織出演、音楽劇「マリウス」が、3/6(月)日生劇場にて開幕。上演に先駆けて同日マスコミ向けの囲み取材&公開ゲネプロが行われた。

同作は、フランスの人気作家、マルセル・パニョルさんによる戯曲で、マルセーユ独特の陽気でのんびりと生きている市井の人々と、港町の風情をコメディタッチで描いた国民的な古典喜劇。かつてはフランスにある劇場・コメディフランセーズで上演され大ヒットし、映画化もされフランス国民に今なお愛されている作品だ。

同作の脚本・演出を手掛ける山田洋次監督は、かつてマルセーユ三部作の『ファニー』を原作に、物語の舞台を日本に移した映画『愛の讃歌』(1967年)を監督しており、学生時代に出会い自身の心の故郷とも、心の奥底に流れる深い鉱脈とも言うように大切に思っていた作品を今回、満を持してフランスに舞台を戻したオリジナルバージョンで上演。さらに、ストレートプレイを音楽劇として脚本を再構築し、歌がセリフとなり、セリフが歌となる――。音楽の力も盛り込んで、さらに楽しめる作品となっている。

瀧本は、今井翼さんが演じる主人公・マリウスの幼なじみで恋人のファニーを演じる。

ゲネプロ前に行われた囲み取材で瀧本は「まだ公演初日を迎えたという実感が無いのですが、稽古でやってきたことを大切に、皆さんと監督とスタッフと自分を信じて、ファニーとして生きたいと思います。」と意気込みを話した。

また、劇中で披露しているフラメンコについて「今までやってきたダンスの中で一番難しいと思います。今井翼さんがリードしてくださり、ステップを教わりました。ぜひ楽しみにしてください。」と笑顔でアピールした。

音楽劇「マリウス」は、本日~27(土)まで日生劇場にて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。

【ストーリー】
1931年。地中海の爽やかな風が吹き抜ける港町。
セザール(柄本明さん)が経営するカフェは暇をもてあました。男たちが集まる街のサロンだ。
一人息子のマリウス(今井翼さん)は船乗りになって海に出ることを夢見ている。幼なじみのファニー(瀧本)とは相思相愛の仲なのになかなかお互いの思いを打ち明けられず周りの大人たちをやきもきさせていたが、ある夜遂に結ばれる。
しかし幸せもつかの間、マリウスは船に乗るチャンスを掴み、ファニーは彼の夢を叶えるために身を引き、長い船旅に送り出してしまう。その後、ファニーは妊娠したことを知る。もちろん父親はマリウスだ――。

音楽劇「マリウス」公演情報
http://www.shochiku.co.jp/play/others/schedule/2017/3/post_310.php#tab03
  • はてなブックマーク

pagetop

page top