shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「ReLIFE リライフ」プレミア完成披露試写会イベント!

中川大志W主演映画「ReLIFE リライフ」のプレミア完成披露試写会イベントが3/8(水)丸の内ピカデリーで行われ、古澤健監督・共演の平祐奈さん、千葉雄大さん、池田エライザさん、岡崎紗絵さんと共に中川が登壇した。

原作は、16~19歳の約4人に1人が利用する人気No.1のマンガアプリ「comico」で現在連載中。スタート時よりランキング1位を独走し、アニメ化・舞台化・単行本化された大ヒットコミック。
27歳でニートの海崎新太が、社会復帰実験プログラム「リライフ」に参加し高校生活を送るうち、 〈今〉を精一杯生きようと変化する姿に胸を打たれるストーリーに、今、10代だけでなく20代30代にも共感を呼んでいる。
映画オリジナルのラストで、『今日、恋をはじめます』の古澤健監督によって、遂に映画化された。

海崎新太(中川)はある事件をきっかけに勤めていた会社を5ヵ月で辞め、27歳のニートになっていた。
ある日、リライフ研究所の夜明了(千葉雄大さん)に「人生、やり直してみませんか?」と社会復帰プログラム“リライフ”にスカウトされる。その内容は外見が10歳若返る薬を飲み、1年間限定で高校生活をやり直すこと。ただしこのことはゼッタイ秘密、1年後には周囲の人々から海崎に関する記憶は消える。
半ば自暴自棄で2度目の高校生活に飛び込んだ海崎は、成績はトップだが極度のコミュニケーション音痴の日代千鶴(平祐奈さん)ら個性豊かなクラスメイトと出会い、いつしかかけがえのない仲間となっていく。そして、友達ゼロから変わろうと懸命にもがく日代に恋心を抱くようになる。だが、相手は10歳も年下の女子高生。1年後には記憶から消え、2度と会えなくなる存在で…。一方、日代にも、誰にも言えない秘密があった―。
リライフを終えた海崎が、新たに選択する未来。秘密を抱えた2人の恋の結末はー。
物語は、驚きと感動のラストへと、動き出すー。

上映後に行われた舞台挨拶にて中川は「皆さん、こんばんは。楽しい時間になったらいいなと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

自身が演じた役について「27歳の役をいただくと聞いた時はビックリしました。現役の高校生として、等身大で学生の役を演じられるのが武器だと思っていたのですが、今回は一切捨てて、少しでも千葉雄大さんのようになれるように演じました(笑)。27歳までの経験したことがない10年間は、とにかく研究して想像力を働かせて役を作っていきました。あと、髭を生やしたり・・・すいません、嘘です(笑)。」とコメントし、会場の笑いを誘った。

卒業シーズンにちなみ、今年卒業したいことを聞かれ「撮影現場で、皆さんに甘えてしまうところがあるので、子供といわれないように、子供から卒業して、少しずつ大人になっていきたいなと思います。」とコメントした。

この日は、実生活で高校を卒業した平祐奈さんと中川の2人に、監督・キャスト・スタッフからサプライズで特製の卒業証書型のケーキがプレゼントされた。千葉さんと中川は、大きなスプーンでケーキを食べさせ合い。中川は「全く知らなかったので、ビックリしています。最高です!美味しいです。ありがとうございます。」と感激していた。

さらにサプライズは続き、会場に集まったお客さまと一般の方々から寄せられたお祝いコメントがスクリーンに映し出され、スクリーンを見渡して中川は「高校卒業から1ヵ月ぐらいですが、改めて直接(お祝いの)言葉を頂けて、こうしてキャストの皆さんに祝っていただけて嬉しいです。頑張ります。」と目を潤ませた。

最後に「昨日の夜、送られてきた今日の台本の量が少ないと思っていたら、こんなに素敵なサプライズが用意されているとは思っていませんでした。この作品は僕が高校生、学生で演じた最後の作品となりました。それが、まさか27才の役とは思っていなかったのですが(笑)。自分にとって、新しいチャレンジでしたし、楽しい素敵なチームで思いを込めて作った映画です。ここから公開に向けて、今日初めて観ていただいたお客さんの力をお借りして、一緒に盛り上げていってくれたらと思っています。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「ReLIFE リライフ」は4/15(土)全国ロードショー。
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top