shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

林遣都 主演『大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」』完成試写会&取材会!

林遣都主演『大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」』が、3/15(水)BSプレミアムにて22:00~22:59全国放送。放送に先駆けてマスコミ向け完成試写会&取材会が、3/12(日)NHK放送センターにて行われ、林が出席した。

同作は、大阪市西成区を舞台に、西成生まれの美容師の息子が父との葛藤と和解を通じて、生まれ育った街の素敵さを再発見するヒューマンコメディ。

林は、主人公・川村翔太を演じる。西成で美容院のひとり息子として生まれるが、父に反発し家を出て外国で美容師として生きていた。母の死をきっかけに故郷に戻り、自分の技術と美意識に自信をもつあまり地元の客とぎくしゃくしながらも、店のために努力する。

取材会にて林は、「大好きな大阪で、西成という地で、(脚本の)土橋章宏さんが書かれた素敵な物語に参加できてとても嬉しかったです。(僕は)関西の人間なのでどこか特別な思いを持って演じました。15日に放送になります。1人でも多くの方に観て頂きたいです。よろしくお願いします。」とコメント。

美容師という役柄を演じた感想については、「肉体的にも精神的にも大変なお仕事のイメージがあって、そう簡単に短期間で身に付けられるものでもないと思っています。監修で実際に大阪の高槻で美容師をやられている方にマンツーマンで付いていただき、美容師の心得から叩きこんでいただいて、時間の許す限り練習しました。出来上がった映像を観て、色々な技術を使って(笑)、かっこよく撮っていただいて凄く嬉しかったです。」と語った。

撮影地・西成の印象を聞かれると、「屋上からいつも眺めていた西成の景色が、凄く独特というか、ここにしかない時間の流れ方をしている雰囲気があって、もっともっと知りたいなと感じました。撮影は短期間でみっちりだったので、あまり現場以外のところは行かなかったのですが、外国人の観光客の人と接している中で、受け入れてくれる街だということを何度も聞いて、やっぱり素敵なところだなと思いました。」と振り返った。

完成した同作を観ての率直な感想では、「(撮影の時に)とにかく天気に恵まれて、想像以上のラッキーなことに恵まれて、皆さんの力がプラスを重ねていて、素敵な作品になっているなと感じました。」と話した。

林遣都主演『大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」』は、3/15(水)BSプレミアムにて22:00~22:59全国放送。
ぜひご覧ください。

【あらすじ】
翔太(24)はパリで母の死の知らせを受け取り、故郷の大阪市西成区へ帰って来た。父・吾郎(52)は地元で長く美容院を営んでいるが、翔太は母を大切にしなかった父のことが嫌いで、数年前に故郷を出てパリで美容師をしていた。今では自称「世界で活躍する美容師」だが、実は翔太はパリでの仕事に行き詰まっていた…。
家に帰った翔太は案の定、吾郎とぶつかりあい、吾郎が転倒して指の骨を折る騒ぎに。
翔太はやむなく、店員の遙とともに吾郎に代わって実家の仕事をすることになる。他人とコミュニケーションをとることが下手な翔太にとって、キャラの濃い地元の客たちの相手をすることはとても大変だ。吾郎は店の経営に不熱心な様子で、翔太はそんな父に不満を隠せない。
翔太が悪戦苦闘していたそんなある日、店の経営が火の車であることがわかる。このままで店は大丈夫なのか…!? あることをきっかけに翔太に経営再建のアイディアが生まれ、物語は思いもかけない展開を見せて…。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top