shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

佐藤栞里 MORE創刊40周年記念「モアチャレ」プロジェクト『モアチャレ宣言』プレス発表会!

佐藤栞里が、3/28(火)品川プリンスホテルにて行われたMORE創刊40周年記念「モアチャレ」プロジェクト『モアチャレ宣言』プレス発表会に出席した。

MOREは創刊40周年を記念し、全国の20代女子の様々なチャレンジを応援するキャンペーン「モアチャレ」プロジェクトを3/28(火)よりスタートさせる。
全国の女性のチャレンジをMORE公式サイト「DAILY MORE」で大募集。「自転車やマラソンのレースに出てみたい」「資格女王になりたい」などチャレンジのジャンルは不問。
選考後選ばれた方のチャレンジを、MORE編集部が様々な形でサポートを行い、チャレンジの過程などをMORE本誌及びMORE公式サイト「DAILY MORE」の特設ページから発信していく。

「モアチャレ」プロジェクトのスペシャルチャレンジモデルに選ばれた佐藤は半年間「モアチャレ」で挑戦するチャレンジ内容を「今回、私がチャレンジするのはモノマネです。」と発表。チャレンジ内容について「実は人見知りで人前で話すのが苦手なんです。一緒に共演する芸人さんが場を明るくされていたり、皆さんを楽しませてくれていたので、私も何か芸をひとつでも身につければ周りの方を笑顔にできるかもしれないなと思い、モノマネなら努力すればできるのではと思いました。」と笑顔で話した。

今できるモノマネはありますか?と聞かれ佐藤は「芦田愛菜だよ」とモノマネを披露すると会場からは拍手が送られ、照れながらも「やしろ優さんがモノマネされている芦田愛菜ちゃんだねと、皆さんにいわれています(笑)。」とコメント。

さらに、佐藤がモノマネを教わりたいと熱望する清水ミチコさんからのメッセージ映像がステージのスクリーンで放映された。映像を見て佐藤は「メッセージをくださるとは思っていませんでした。」と感激した様子を見せた。

なぜ清水さんに教わりたいと思ったのですか?との質問に「もともとミチコさんのことが大好きで、よくテレビで見させていただいていました。1年間共演する機会があって、収録中はもちろん休憩中も私たちやスタッフさんを笑わせてくれていて、思っていた以上に素敵な方だと実感しました。ミチコさんを大好きな方が、私の周りに雑誌編集の方やマネージャーさんなどいっぱいいてぜひお願いしたいなと思い駄目元でお願いをしてみたら快く引き受けてくださいました。」と語った。

披露したモノマネは、清水さんをイメージしたのですか?との問いに「そうなんです。ミチコさんはピアノを弾きながらモノマネをされることが多いので、私も十何年ピアノを触ってないのですが、歌いながらモノマネができたらなと思います。」と目を輝かせた。

イベントの最後は「私はモノマネにチャレンジします。モアチャレ宣言!」と力をこめて宣誓を行った。

発表会後に行われた囲み取材にて、披露したモノマネについて記者から“名前をいわずに誰のマネなのかが伝わらなければいけない”といわれ佐藤は「そうなんですね。それを踏まえて半年間頑張ります。憧れのミチコさんのレパートリーを習得しようと思っていて、まずは森山良子さんのモノマネを練習しようと思っています。」と回答。

「モアチャレ」に参加するにあたって「ありがたい場だなと思います。今回、読者と一緒に頑張れるということでやる気もみなぎっていますし、(一緒に「モアチャレ」に挑戦する)内田(理央)さんと吉田(沙保里)さんもいるので心強いです。」と意気込みを語った。

最後に「モノマネを習得して、皆さんにたくさん笑ってもらえるように頑張ります。」と意気込みを語りイベントを締めくくった。

MORE創刊40周年記念「モアチャレ」プロジェクトをぜひお楽しみください。

■「モアチャレ」プロジェクト特設ページ
http://more.hpplus.jp/morechalle

■佐藤栞里の「モアチャレ」宣言 特設ページ
http://more.hpplus.jp/morechalle_blog/satoshiori
  • はてなブックマーク

pagetop

page top