shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

岡田将生 ドラマ「小さな巨人」第1話先行試写会&制作発表!

岡田将生出演、日曜劇場「小さな巨人」(TBS)の第1話先行試写会&制作発表が4/10(月)都内で行われ、岡田が出席した。

同作は、巨大組織・警視庁を舞台に、警視庁と所轄の確執や警察内部の戦いを克明に描いた警察エンターテインメントドラマ。ノンキャリ最高峰のポジションと言われる“捜査一課長”になること間違いなしと呼ばれるまでの活躍をするエリート刑事・香坂真一郎(長谷川博己さん)が、取り調べの際にひとつのミスを犯してしまい、所轄へと左遷させられてしまうも、自分の“正義”を信じ、奮闘する模様が繰り広げられる。

岡田は、香坂とは反対に、キャリアと言われる警察庁に入庁することが多い東京大学を卒業後、警視庁に入庁。ある“未解決事件”の捜査の指揮をとるという理由で、香坂と同じく現場の総指揮官である捜査一課長を目指す刑事・山田春彦を演じる。

第1話先行試写の後、舞台挨拶に登壇した岡田は、「スタッフ・キャストが時間のない中で一生懸命作った作品。先ほど初めて第1話を観させていただきました。久々に胸の熱くなるドラマを観させてもらったというか、いち視聴者として観てしまった自分がいて、びっくりしています。まだまだここから怒涛の展開が待っていますので、いろいろな方に観ていただきたいです。ぜひ広めていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。」とコメント。

同作の好きなシーン、セリフを聞かれ、「ドラマのキャッチフレーズでもある“敵は味方のフリをする。”です。台本を読んでいても、誰が敵で味方なのか分からない展開になっていて、僕自身大好きです。」と答えた。

さらに、第1話で捜査では“勘が重要”と“理論が重要”という相反する考え方が出てくるが、自身はどちらのタイプかという質問があがり、「勘です!勘で今まで生きてきました。これからも勘で生きていきたいと思います。すみませんでした!」とキッパリ答えた。

最後に、正義を貫く姿を描いた作品にちなんで、登壇者が自身のポリシーを発表。岡田は、「朝ごはんがパンかご飯かで言うと、ご飯派なんです!」と唐突に話し、“正義の話じゃなかったっけ?”とツッコミが…。共演の香川照之さんから“岡田君は昨日も夜中まで撮影をしていたり、とにかくずっと寝てないんです”と、安田顕さんからも“寝ていないんですみません。ここに等身大のパネルを置いて(岡田と)差し替えてあげてください”とフォローしていた。

日曜劇場「小さな巨人」は4/16(日)よりTBSにて毎週日曜21:00~O.A。(初回は25分拡大)
ぜひお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top