shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「ReLIFE リライフ」始業式特別授業イベント!

中川大志W主演映画「ReLIFE リライフ」の始業式特別授業イベントが4/8(土)淑徳巣鴨中学高等学校にて行われ、共演の岡崎紗絵さんと共に中川が出演した。

原作は、16~19歳の約4人に1人が利用する人気No.1のマンガアプリ「comico」で現在連載中。スタート時よりランキング1位を独走し、アニメ化・舞台化・単行本化された大ヒットコミック。
27歳でニートの海崎新太が、社会復帰実験プログラム「リライフ」に参加し高校生活を送るうち、〈今〉を精一杯生きようと変化する姿に胸を打たれるストーリーに、今、10代だけでなく20代30代にも共感を呼んでいる。
映画オリジナルのラストで、「今日、恋をはじめます」の古澤健監督によって、遂に映画化された。

イベントは同校の始業式終了後にサプライズで行われ、中川は特別講師として登場。1200名の生徒たちから大きな歓声で迎えられた中川は「皆さんおはようございます。今日が始業式ということで、1年生は入学おめでとうございます。2、3年生は進級おめでとうございます。僕はついこの間、高校を卒業してもう学校に来られないのが寂しいなと思っていた頃に、こうして始業式に来られたので嬉しいです。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

新生活を迎える方のお悩み相談に答えるコーナーで、映画公式Twitterに寄せられた“男子と話す時、上手に話せない。高校生最後の1年、もっといろんな人と話してみたい。”という相談に中川は「僕も新学期を迎えてクラス替えが嫌でした。自分からしゃべりにいけなかったので、ひたすら話しかけられるのを待つタイプでした。すると、周りからは話しかけるなというオーラが出ていたと言われたので、それじゃあいけないなと思いました。まずは、名前を覚えて呼び合うのが第1歩だと思います。あだ名を決めたりして呼び合うと距離が縮まるんじゃないかと思います。」と答えた。

次に、会場の生徒からも悩みを募り、サッカー部に所属している男子生徒から“明日からサッカーの大会が始まるが、緊張をほぐす方法はありますか?”と聞かれ、中川は「僕も人前に立たせていただくのは緊張します。僕は歯を磨くとことで緊張がほぐれますね。大会に必ずハブラシを持っていって、試合前に磨いてください。精神統一ができて落ち着きます。あんまり参考にならなかったかな(笑)。」と回答。

3年生の女子生徒から“あと1年となった高校生活でやっておいた方がいいということや、やらなくて後悔したとことはありますか?”との問いに「制服を着られなくなることが寂しいです。高校を卒業して1、2ヵ月たつが、部屋の1番目立つところにまだ制服がかけてあります。制服を着て、友達と写真をいっぱい撮ったりしておくと絶対にいいと思います。」とアドバイスを送った。

続いて、今度は中川と岡崎さんから生徒へ質問&胸キュンシーンを再現するコーナーへ。挙手で男女の生徒が選ばれ、中川は男子生徒に「この映画は社会に出て、会社でいろいろあってつまづいてしまった海崎が高校生をもう1回やって自分の夢を見つけていくという話なのですが、将来の夢はありますか?」と聞くと“まだ無い”とあっさり答えられてしまい会場の笑いを誘いつつトークセッションが繰り広げられた。そして、中川が生徒を相手役にして、劇中で登場する“頭ポンポン”を再現すると黄色い歓声が沸いていた。

最後に「今日は突然お邪魔してビックリさせてしまいましたが、楽しんでもらえましたか?映画が1週間後の土曜日から公開になります。高校を卒業して、大人になって気付くことがいっぱいあると思うのですが、そんな高校生活が海崎の目線で描かれているので、今、友達と過ごす時間や、制服を着て学校に行っている時間の大切さに改めて気付ける映画になっていると思います。この時期不安がある方もたくさんいるのと思うのですが、前向きになれる、背中を押してくれるような映画です。ぜひ皆さん、絶対に全員見に行ってください(笑)。よろしくお願いします。」と力をこめたメッセージを送り、会場の生徒たちと一緒にフォトセッションを行った。熱気が冷めやらぬままイベントは幕を閉じた。

映画「ReLIFE リライフ」は4/15(土)全国ロードショー。
ぜひご期待ください。

【ストーリー】
海崎新太(中川)はある事件をきっかけに勤めていた会社を5ヵ月で辞め、27歳のニートになっていた。ある日、リライフ研究所の夜明了(千葉雄大さん)に「人生、やり直してみませんか?」と社会復帰プログラム“リライフ”にスカウトされる。その内容は外見が10歳若返る薬を飲み、1年間限定で高校生活をやり直すこと。ただしこのことはゼッタイ秘密、1年後には周囲の人々から海崎に関する記憶は消える。半ば自暴自棄で2度目の高校生活に飛び込んだ海崎は、成績はトップだが極度のコミュニケーション音痴の日代千鶴(平祐奈さん)ら個性豊かなクラスメイトと出会い、いつしかかけがえのない仲間となっていく。そして、友達ゼロから変わろうと懸命にもがく日代に恋心を抱くようになる。だが、相手は10歳も年下の女子高生。1年後には記憶から消え、2度と会えなくなる存在で…。一方、日代にも、誰にも言えない秘密があった―。
リライフを終えた海崎が、新たに選択する未来。秘密を抱えた2人の恋の結末はー。
物語は、驚きと感動のラストへと、動き出すー。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top