shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「ReLIFE リライフ」初日舞台挨拶!

中川大志主演映画「ReLIFE リライフ」が4/15(土)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に中川が登壇した。

原作は、人気No.1のマンガアプリ「comico」で、連載スタート時よりランキング1位を独走中の「ReLIFE」。ありそうでなかった独創的な設定と、主人公が自分の人生を真摯に見つめ直していく姿やクラスメイトとの青春ストーリーが、10代だけではなく20代、30代の共感を呼び、単行本化、アニメ化、舞台化に続き、この度待望の映画化となる。

主人公・海崎新太(中川)は新卒で入社した会社を、ある事件をきっかけに5ヵ月で退職。その後再就職を試みるも不採用続きで、気づけば27歳になっていた。
そんな彼の前に突然現れた謎の男。
「人生、やり直しませんか?」
“リライフ研究所”の所員と名乗る謎の男・夜明了(千葉雄大)から提案されたのは、薬で見た目だけ若返り、1年間、高校生活を送るという実験の被験者。なかば自暴自棄で、薬を飲んでしまう海崎。
まさかの27歳男子の青春学園生活が幕を開ける―
そして始まる二度目の学園生活。そこで出会うのは、成績はトップだが極度のコミュニケーション音痴の女子高生・日代千鶴(平祐奈) 、頭と顔はいいが他はいろいろと残念な大神和臣(高杉真宙)、負けん気の強い毒舌女子・狩生玲奈(池田エライザ)など個性豊かな面々。やがて打ち解けてゆく海崎。気づけば彼らはかけがえのない仲間となってゆく。一方、一生懸命な日代に恋心を抱くようになるが……相手は10歳も年下の女子高生。実験が終われば記憶も消える…切ないラブストーリーの結末は?
そして、リライフを終えた海崎が新たに選択する未来とは?物語は、驚きと感動のラストへ―。

中川は主人公・海崎新太を演じる。

上映後に行なわれた舞台挨拶で中川は、「僕たちもこの日を心待ちにしていたので緊張していますが、とにかく(監督・共演者の)このメンバーで舞台挨拶に立つことができて本当に嬉しいです。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

この日は公式Twitterに寄せられた質問に答える形で舞台挨拶が進行され、劇中で一番心に響いたセリフは?という質問に、「海崎と狩生との保健室のシーンで言う “頑張ることを諦めるな”というセリフです。海崎として狩生に向けて言っているのですが、跳ね返って自分に刺さっているというか、海崎も自分に言っているようでとても好きです。」と撮影を振り返りつつ答えた。

さらに、もし自身の役以外のキャラクターに入れ替わることができるなら?という質問があがり、その前に古澤健監督がアドリブでペロッと舌を出した千葉雄大さんに萌えたという話を受け、「舌をペロッと可愛く出せるようになりたいという意味も含め夜明了です。」と答えると“それは、夜明さんじゃなくて千葉さんだよ”とツッコまれ、会場の笑いを誘っていた。

また、日代が秘密を抱えているキャラクターであることから、今だから言える秘密は?という質問には、「仙台での撮影で、僕が泊まっていた部屋のお風呂場の天井にパイプが通っていたのか、目の高さの位置にでっぱりがあったんです。なので、ずっと首をかしげながら頭を洗って………っていう話です。」と回答するも会場の反応が薄かったため、「仙台の舞台挨拶ではウケたのですが(笑)。1ヶ月間、その状態で洗っていたので、その状態の芝居というか…」と話すと平さんが、“ありがとう。もう大丈夫です”とバッサリ切られ、そのやり取りに笑いが起こった。

最後に、古澤監督から中川へサプライズで手紙を朗読。中川がスタッフのレール移動を笑顔で一緒に手伝っていたことや、共演者の撮影の時にカメラが映っていないところで受けの芝居を懸命にしていたことなど撮影の日々を振り返り、“共演者たちに安心をふりまき、スタッフ・キャストとの垣根を取り払ってくれた。映画の撮影というものは年齢や性別、キャリアなど関係なく、手を取り合える素晴らしい仕事なんだと改めて教えてくれたのが中川大志という人間だった。ありがとう。またいつか映画を作ろうな、大志!”という言葉で締めくくられたメッセージを聞き、「監督はこういうキャラじゃないんです。恥ずかしい。ありがとうございます。」と照れ笑いを浮かべていた。

映画「ReLIFE リライフ」は現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top