shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

佐藤永典 舞台「男水!」稽古場取材!

佐藤永典出演舞台「男水!」の稽古場取材が4/17(月)行われた。

「男水!」は、白泉社・花とゆめ「花 LaLaonline」で大人気連載中の木内たつや氏による高校部活漫画。
廃部寸前で弱小の都立「東ヶ丘高校」水泳部に入部した榊秀平と篠塚大樹、名門校の名をほしいままにしている私立「龍峰高校」水泳部に入部した藤川礼央――競泳にすべてを懸ける男子高校生たちが、新たに「東ヶ丘高校」水泳部のコーチに就任した元競泳選手・川崎亮也と出会ったことで、大きな一歩を踏み出していく姿を描いた“超”体育会系ストーリーとなっている。
今年1月より日本テレビほかにて初の実写版として放送され深夜枠にも関わらず、高視聴率を記録し大好評のうちに幕を閉じた同作。そんな「男水!」がいよいよ 5/11(木)より東京・大阪にて上演される。

佐藤は、東ヶ丘高校水泳部1年生で、得意種目は自由形(長距離)という滝結太を演じる。

筋トレについての話題で、「(筋肉が)すごい人はすごいので、残り3週間、行けるところまでしっかり作っていきたいと思っています。今日、クロールのシーンをやらせていただいたのですが、終わった瞬間、スピードを出していないのにもかかわらず地獄でした(笑)。水の中よりもエアで泳ぎをやっているほうが辛かったので、頑張りたいと思います。」と意気込んだ佐藤。

原作ファン、ご来場いただく方に向け、「全員が輝いている姿を観ていただけるのが一番だと思うので、残りの稽古も一生懸命心を込めてやって、熱いものを届けられたらと思います。」と抱負を語った。

舞台「男水!」は【東京公演】5/11(木)~21(日)シアター1010にて、【大阪公演】5/24(水)~28(日)森ノ宮ピロティホールにて上演。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
先輩たちが卒業してしまい部員が減ってしまった東ヶ丘高校水泳部。面倒見の良い部長・榊秀平(松田凌)、無口天然でイイ身体の篠塚大樹(宮崎秋人)、男前ハートだがオネエの小金井晴美(赤澤燈)の2年生3人組は、部員を5人集めなければ部から同好会落ちしてしまうという危機に立たされ、必死で新入生の勧誘を行う。
かたや、IH 常連校・桜下大附属龍峰は、努力家タイプの主将・仁科譽(黒羽麻璃央)のもと、天才児の神宮一虎(池岡亮介)と、そんな一虎と双璧をなす龍峰期待の星・藤川礼央(安西慎太郎)、フレンドリーな性格ながらも一虎とは異なるタイプの天才である平光希(小澤廉)など、全国制覇を目指してベストメンバーで日夜練習に励んでいる。
そんな中、東ヶ丘高校の危機を救った新入部員はなんと2人!思ったことはストレートにモノ申す、水泳経験者の滝結太(佐藤永典)と黙っていれば王子様イケメンながらもカナヅチである原田ダニエル(神永圭佑)。さらに、過去にIHで優勝経験を持つ川崎亮也(廣瀬智紀)がコーチとして着任することに!憧れの選手のコーチングに、個性豊かな部員たち・・・
秀平、大樹、礼央の因縁の関係や、そこでの高校生らしいコミカルさなど、見ているだけで胸が熱くなる、そんな物語がここにある!!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top