shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 名作少女コミック『坂道のアポロン』映画化決定!

三木孝浩監督による、名作少女コミック『坂道のアポロン』の映画化が決定した。

同作は、人気漫画家・小玉ユキさんにより、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載された名作少女コミックの実写映画化。『このマンガがすごい!2009』オンナ編で1位を獲得し、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞、フジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化(2012年4月~6月放送)され、本格的なジャズサウンドが話題を呼んだ人気原作が待望の映画化となる。

長崎県・佐世保市。高校1年生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川大志)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松菜奈)との出会いが彼を変えていく。初めてできた親友、初めての片思い、千太郎を通じて知ったジャズの魅力…。海辺の街を舞台に、切ない恋と、胸を打つ友情、そして音楽がまぶしく交錯する。

自身も音楽好きで、多数のミュージックビデオを手掛け、『ソラニン』『くちびるに歌を』『青空エール』などの音楽をモチーフにした映画を数多く手掛けてきた三木が、本原作のメッセージ性に共感し、監督を快諾。三木は「湧き上がる思いがリズムを刻みバチバチと胸を焦がす物語。大好きなこの原作を素敵なキャスト陣と共に映画化できることを本当に嬉しく思います。不器用だけれど、音楽を通して自分の気持ちを、在り方を、必死で手繰り寄せようとする若き者達の物語を、僕自身も心踊らせながら描きたいと思います!」とコメントを寄せた。

監督作品・映画『坂道のアポロン』は、2018年全国公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top