shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

K 国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」オープニングセレモニー出席!

K最新曲「桐箪笥のうた」のミュージックビデオが、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」でプレミア上映。6/1(木)渋谷ヒカリエ ヒカリエホールにて行われたオープニングセレモニーにKが『インターナショナル観光映像大賞プレゼンター』として出席した。

同映画祭は、1999年、ショートフィルムを日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある別所哲也さんを創立者に「アメリカン・ショート・ショート フィルムフェスティバル」として東京・原宿で誕生。 2001年に「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と改称、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭として認定された。アカデミーの公認を受けたことにより、映画祭のグランプリ作品が次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考に入ることになり、本映画祭からオスカー像を手にする道が拓けた。 また、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から「ショートショート フィルム フェスティバル アジア(SSFF ASIA 共催:東京都)」が2004年に誕生。現在、2つの映画祭を“SSFF & ASIA”と総称して開催している。映画祭としてはこれまでに延べ30万人を動員している。
開催19回目となる今年は、6月1日(木)~6月25日(日)まで、東京は5会場、横浜は1会場にて上映。世界140以上の国と地域から集まったおよそ9,000本の作品から選りすぐりの約250作品を上映する。

Kがプレゼンターとして登壇した『インターナショナル観光映像大賞』の受賞作品「James Cameron in 100% Pure New Zealand」は、『タイタニック』『アバター』などで知られるジェームズ・キャメロン監督が、ニュージーランドの無限の可能性を秘めた大自然から着想を得て制作された作品。
セレモニーではK最新曲「桐箪笥のうた」のミュージックビデオが本映画祭でプレミア上映されることを受け、フェスティバルアンバサダー・LiLiCoさんに「この作品(ミュージックビデオ)を通じて伝えたいこと」を聞かれたKは「この作品はYuki Saito監督が作ってくださった作品なのですが、桐箪笥の目線で家族の物語をといていくミュージックビデオになっています。僕が日本に惹かれて日本に来ることになったのは、日本の心の『わび・さび』というところを好きになってやって来たので、海外の皆さんにも家族の風景だったり人の温かみや人の良さというのをこの作品を通じて感じてもらえたらなという想いで制作させていただきました」と観光映像の魅力に絡め自身のミュージックビデオへの想いを語った。

国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」は、6/25(日)まで、東京は5会場(表参道ヒルズ スペース オー・アンダーズ 東京 Andaz Studio・ラフォーレミュージアム原宿・恵比寿act*square・iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ)、横浜は1会場(ブリリア ショートショートシアター)で開催。

本映画祭でプレミア上映されるK最新曲「桐箪笥のうた」のミュージックビデオは、6/2(金)17:50〜横浜・ブリリア ショートショート シアターで初上映。その後6/14(水)13:30〜横浜、6/17(土)20:00〜iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて順次上映される。
詳細は映画祭公式サイトにてご確認ください。

ぜひ会場にて「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」をお楽しみください。

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017 (SSFF & ASIA 2017)公式サイト】
http://www.shortshorts.org/2017/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top