shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 映画「東京喰種 トーキョーグール」キックオフイベント!

窪田正孝主演映画「東京喰種 トーキョーグール」のキックオフイベントが6/2(金)You Tube Space Tokyoで行われ、窪田が出席した。

映画「東京喰種」は、2011年から2014年まで週刊ヤングジャンプで連載され、2014年からは「東京喰種トーキョーグール:re」として同誌で連載中、累計2300万部を誇る石田スイさんによる超人気コミックスの実写映画化。
人を喰らう“喰種”(グール)が存在する東京を舞台に、ある事故がきっかけで“喰種”の内臓を移植され、半“喰種”となった金木研(カネキ)が、人間と“喰種”の狭間でもがき苦しみながらも、様々な性格や境遇の“喰種”たちと触れ合ううちに、この世界における悲しみの連鎖を断ち切ろうと、徐々に意識を変えていくダークファンタジー。2014年にアニメ化、2015年からは舞台化、ゲーム化がされるなど、多方面で人気を博している。

主人公・金木研を演じる窪田は、「一年前位から撮影がスタートし、CGが入って、より完成度の高い作品となりました。」と太鼓判。さらに、「オファーをいただいてから原作を知りました。彼(カネキ)にとっては悲劇ですが、ひいてみれば人の悲劇というのは喜劇になるもの。その瞬間をすごく感じることができましたし、人間の美しさ、正当化する心など、人間は綺麗に生きることを許されているんだと思いました。現実世界に突きつめた問題をエンターテイメントにしているというメッセージを感じたので、その部分を演じるからには誠心誠意、責任をもってやりたいと思いました。」とコメントした。

また、タブレットを通じてイベントに参加した石田先生から、“「東京喰種」の映画をやるつもりはなかったが、万一実写化するならカネキは窪田さんがいいなと。そこが自分の中で映像化する意味だったと思う”というメッセージが届き、「やはり生みの親である先生にオファーを直々にいただけて光栄です。」と話すと共に、主演決定のニュースの際、“『カネキが実際にこの世界にいたらこういう感じ』というキャラのイメージぴったり。自分の作品を踏み台にして、さらに『窪田正孝すごい』という事を知っていただけると、映画化はうまくいったと言ってもいいのではないかなと、個人的には思っている”という石田先生からのコメントを振り返り、「ビビったけれど、先生のコメントに救われた部分がたくさんありました。」と感謝の気持ちを語った。

イベントでは、7/29(土)の全世界公開に先がけ、プロジェクトの全容が解禁となり、北米・ヨーロッパ・アジアなど23ヵ国で公開が決定していること、7/3(月)ロサンゼルス、7/7(金)ベルリン、7/10(月)東京でのプレミア上映が行われること、そして、主題歌を野田洋二郎さん(RADWINMP)のソロプロジェクト・illionによる『BANKA』に決定したというニュースが発表されると、「illionの歌を聞かせていただいたことがあって、この作品の世界観を音楽で表してくださると思うので、今からものすごく楽しみです。この作品を通して、日本のアニメが世界に愛されているということが分かりました。みんなで力を合わせて「東京喰種 トーキョーグール」を“世界の「東京喰種 トーキョーグール」”になるよう伝えていきたいです。」と力を込めた。

この日は、事前に登壇者への質問や応援コメントを募集しており、“カネキを演じるにあたり取り組んだことや苦労したことは?”という質問が読み上げられ、「初期のカネキは今どきというかおとなしい青年で、人間とグールの両方に触れあって形成されていくので、むしろニュートラルに、受け止めるほうに徹していきました。あとは、マスクが苦しかったです(笑)」と笑いも交えて答えた。

さらに、世界の喰種ファン代表として、韓国、チリ、アメリカ、ハワイ、フランスのトーキョーグールサポーターズとの中継が行われ、“コミックを実写で表現することに苦労があったか?”という質問を受け、「現場はアナログな撮影だったので、想像の世界でお芝居をしたところだと思います。」と回答した。

最後に、「この原作はコミックから始まり、舞台化、アニメ化され、映画化となりました。たくさんの方にこの作品が愛されていることは承知しています。一人でも多くの方に広まっていってほしいと心から願っていますし、大役でしたのでたくさんのプレッシャーがありましたが、皆さんと作ったこの2時間の集大成を、お届けできるようこれから頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

映画「東京喰種 トーキョーグール」は7/29(土)公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する。そんな中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top