shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐藤栞里 映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」公開アフレコイベント!

佐藤栞里 声優出演映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の公開アフレコイベントが、6/15(木)都内スタジオにて行われ、監督・共演者とともに佐藤が出席した。

4/1(土)にテレビアニメの初回放送から20年を迎え、早くも公開までのカウントダウンが始まった、7/15(土)公開映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。昨年の夏にシリーズ累計動員が7,400万を超え、ポケモンが大好きな子供たちだけではなく、かつての「ポケモン映画経験者」など幅広い年齢層から、記念すべき20周年超大作への期待が寄せられている。
20年前に放送されたアニメ初回のラストで、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウ。同作では、「いつか、一緒にあいつに会いに行こうぜ!」とふたりが誓った約束の続きが、完全オリジナルストーリーで描かれる。

今や最高のパートナーのサトシとピカチュウ。
実はその出会いはサイアクだった!
サトシの言うことを聞かないピカチュウと、ピカチュウと仲良くなりたい不器用なサトシ。
ふたりは本当のパートナーになることができるのか?
マサラタウンを旅立つ日、空を飛ぶホウオウを見上げたふたりは誓った。
「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」
光輝く虹色の羽根に導かれ、今、ふたりの冒険が始まる!

佐藤は、元気いっぱいで、男勝りなトレーナーの少女・マコトの声を担当する。マコトは、サトシとピカチュウが旅の途中で出会う少女で、冒険を楽しんでいるようだが、実は…という役どころだ。

公開アフレコ後に行なわれた会見で湯山邦彦監督から、“マコトは元気な女の子で、そのイメージは(佐藤に)とても合っているが、トレーナーなのでバトルする。「行け!」とか「やれ!」という台詞があって、こんなに攻撃的な佐藤さんは、他では見ることはできないと思う”というコメントを受けた佐藤は、「出したこともない声に挑戦しました。あと走るシーンが難しくて、“一人だけモタモタしているように聞こえてしまう”と言っていただいたので、前のめりで走る練習をしました(笑)。」と現場での様子を明かした。

さらに、「すごく勉強になりました。こんなに素晴らしい方々の中にいることが出来て本当に光栄で、とても嬉しかったです。」と出演への喜びを語った。

最後に、作品タイトルにちなみ、この日の出席者同士で“旅の仲間を決めるなら誰にするか”という指差しゲームを実施。
“キミにきめた!”という台詞とともに、ホウオウを追い続ける研究者・ボンジイ役、古田新太さんを指名した佐藤は、「一緒に旅をしたら笑顔が絶えないだろうし、美味しいご飯を一緒に食べたらより美味しく感じられるのだろうなと思いました。」と話し、古田さんからの“各地の飲み屋を知っているから”という返答に、「最高です!」と笑顔で答えていた。

映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は、7/15(土)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top