shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

早見あかり 映画「銀魂」ジャパンプレミア!

早見あかり出演映画「銀魂」のジャパンプレミアが6/28(水)東京ドームシティホールで行われ、監督・キャストと共に早見が登壇した。

同作は、2004年より連載が開始し、単行本発行部数累計5,100万部を超える、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の看板コミック「銀魂」の映画化。
抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ天下無敵の痛快エンターテイメントが人気を博し、テレビアニメ化と2度の劇場アニメ化を経て、この度、実写映画化が実現した。

侍の国…この国がそう呼ばれたのも今は昔の話。江戸時代末期、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途をたどっていた。かつて攘夷志士として天人と最後まで戦い「白夜叉」と恐れられた坂田銀時(小栗旬)も、今は腰の刀を木刀に持ち替え、かぶき町の便利屋<万事屋(よろずや)銀ちゃん>を呑気に営む日々。そんな彼の元に、かつての同志である桂小太郎(岡田将生)が消息不明になり、高杉晋助(堂本剛)が挙兵し幕府の転覆を企んでいるという知らせが入る。事件の調査に乗り出した万事屋メンバーの新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)の身に危険が迫ったとき、銀時は再び剣をとる。進む道、戦う意味を違えたかつての同志と対峙し、己の魂と大切な仲間を護るために―。

早見は、物語の鍵をにぎる名刀“紅桜”を作った刀匠・村田仁鉄の娘、村田鉄子を演じる。
鉄子は兄である村田鉄矢(安田顕)とともに、亡き父の後を継いで刀鍛冶屋を営む。鉄矢とは異なり、声が小さく、やや弱気な性格という役どころ。

総勢15名のキャストと、劇中キャラクター・エリザベスが登壇し行われたこの日の舞台挨拶。キャストたちが浴衣姿で金色・銀色の銀魂ボールを客席に投げ入れながら会場を練り歩くと、黄色い歓声が起こっていた。

トークセッションで、安田さんと早見が撮影の感想を聞かれ、まずは安田さんがクールなトーンでコメント。登壇者から“地声じゃない。一番ふざけてる。シリアスな映画の舞台挨拶ごっこしてる”とツッコみが入るも言い切り、そんな状況でバトンを渡された早見は、「やりづらいです(笑)。」と困惑しながらも、「とにかく安田さんが大きな声を出されていて、笑ってはいけないのが一番しんどかったです。」と振り返った。

イベントでは終始笑いの絶えないトークが炸裂。
お祭りムードいっぱいの一夜となった。

映画「銀魂」は、7/14(金)全国公開。
ぜひ劇場でお楽しみください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top