shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

夏帆 ドラマ「予兆 散歩する侵略者」主演決定!

夏帆が9月よりスタートするドラマ「予兆 散歩する侵略者」(WOWOWプライム)で主演を務めることが発表された。

同作は、第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、国内外で大きな話題となったことも記憶に新しい、映画「散歩する侵略者」(9/9公開)のアナザーストーリーとして新たな設定、キャストで描くスピンオフドラマ。
映画版に引き続き、黒澤清監督がメガホンをとり、映画「リング」シリーズで世界にJホラーブームを巻き起こした高橋洋さんが脚本を担当。映画版とは一味違った、新たな侵略サスペンスが繰り広げられる。

山際悦子(夏帆)は、同僚の浅川みゆき(岸井ゆきの)から、「家に幽霊がいる」と告白される。みゆきの自宅に行くとそこには実の父親がいるだけだった。みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫・辰雄(染谷将太)の勤める病院の心療内科へみゆきを連れていく。診察の結果、みゆきは「家族」という《概念》が欠落していることが分かる。
帰宅した悦子は、辰雄に病院で紹介された新任の外科医・真壁司郎(東出昌大)に違和感を抱いたことを話すが、辰雄からは素っ気ない返事のみ。常に真壁と行動をともにする辰雄が精神的に追い詰められていく様子に、悦子は得体の知れない不安を抱くようになる。ある日、悦子は病院で辰雄と一緒にいた真壁から「地球を侵略しに来た」と告げられる。冗談とも本気ともつかない告白に、悦子は自分の身の周りで次々に起こる異変に、真壁が関与しているのではないかと疑い始める。

撮影について夏帆は、「悦子という、揺るぎのない強さを持つ女性をどうやって演じたらいいのか、自分の未熟さに葛藤する日々でした。それでも心から尊敬する方達と共に、ずっと憧れていた黒沢監督の世界に身を置くことができて、夢のような素晴らしい時間を過ごすことができました。」と振り返ると共に、「宇宙人に地球を侵略される、一見突飛なお話ですが、人間という生き物を、滑稽でおもしろく、そして美しく描いた作品だと思います。映画とあわせて、ぜひ楽しみにしていてください。」とメッセージを送った。

ドラマ「予兆 散歩する侵略者」は、9/18(月・祝)よりWOWOWプライムにて毎週月曜24:00~O.Aスタート!(第1話無料放送)
なお、WOWOWメンバーズオンデマンドでは9/7(木)より先行配信が開始される。
ぜひご期待ください!

★「予兆 散歩する侵略者」特設サイト
http://www.wowow.co.jp/drama/sanpo/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top