shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

草川拓弥(超特急) 映画「兄に愛されすぎて困ってます」大ヒット記念舞台挨拶!

草川拓弥(超特急)出演映画「兄に愛されすぎて困ってます」大ヒット記念舞台挨拶が7/12(水)丸の内ピカデリーで行われ、共演者と共に草川が登壇した。

原作は、小学館『Sho-Comi』(小学館)にて絶賛連載中の夜神里奈さんによる同名少女漫画。コミックスは累計100万部を突破、ティーンから20代まで幅広く支持されている。この大人気少女漫画の実写映画化を手がけるのは、『黒崎くんの言いなりになんてならない』の製作チーム。
いつも自分のことを第一に想ってくれて、守ってくれるオトナな年上イケメン=そんな“兄系イケメンズ”たちが次々と登場する、甘く切なくちょっぴりキケンな、これまでにない究極の<愛されすぎ>ラブストーリーが誕生した!

告白12連敗中で全くモテない女子高生・橘せとか(土屋太鳳)は、恋に恋するちょっと恋愛体質な女の子。そんなせとかをずっと見守ってきたのは、ヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメン兄・橘はるか(片寄涼太)。2人は血がつながっていない兄妹だけど、その事実を知っているのは兄のはるかだけ。そんな中、せとかの同級生で癒し系ヘタレ男子な国光(杉野遥亮)の兄であり初恋の相手、超毒舌なセレブ研修医・芹川高嶺(千葉雄大)が数年ぶりに現れて、せとかに急接近!さらにいつも甘い言葉でせとかをお姫様扱いしてくれる年上の先輩・美丘千秋(草川拓弥)まで現れ、突如訪れた人生初のモテキにせとかは戸惑いを隠せず…!?

草川は、第3の兄系イケメンとして、いつでもせとかをお姫様扱いしてくれる“ホスト系スウィートBOY”の美丘千秋役を演じている。

上映前の舞台挨拶にて草川は、「お集まりいただき誠にありがとうございます。公開2週目ということで、こんなにもたくさんの方に愛されているのだなという事をひしひしと感じています。今日は楽しみましょう。」と挨拶。

登壇キャスト(土屋さん・片寄さん・千葉さん・杉野さん・草川)でこうして揃う機会は最後かもしれないという話題に、「撮影から一年が経過して、思い返すと月日が経つのは早いなと。兄こまが終わってしまうと思うと悲しい気持ちですが、自分も含めこの5人で良かったと心から思っています。撮影期間中も和気あいあいとしていて絶妙にバランスが取れた5人なのではないかと思います。とても楽しかったです。」と語った。

この日は、男性キャストが、土屋さんを相手役(せとか)に見立て、公式Twitterで事前に募集した兄系イケメンズとしたいデートのシチュエーションを実際に演じる“夏デート選手権”を実施。

水族館デートをテーマに選んだ草川は、「僕はせとかの先輩役で、せとかは僕の弟と付き合っています。三人で水族館に遊びに行くつもりが、弟は部活で遅れてしまっている。」と自身の設定を説明し、演技をスタート。
「ほら綺麗だよ。」とせとかに言いながら水槽をのぞき込み、先に演技を披露した杉野さんと同じく「あれ?片寄溺れてない?」というセリフを話すと会場は爆笑の渦に。その後、弟が来ないことを気にするせとかに「他の男の話やめて。そんなに弟が気になる?俺の女になって。俺が色んなことたくさん教えてあげる。ね?」という決めゼリフで会場を沸かせた。

終了後に草川は、「略奪愛をイメージしました。緊張のあまり途中でセリフが飛んでしまいました(笑)。」と照れ笑いを浮かべていた。

映画「兄に愛されすぎて困ってます」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top