shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「君の膵臓をたべたい」初日舞台挨拶!

北川景子出演映画「君の膵臓をたべたい」が7/28(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に北川が登壇した。

同作は、2016年本屋大賞第2位、2016年年間ベストセラーランキング単行本フィクション部門 1位、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞を受賞、、累計発行部数180万部を突破(2017年7月時点)した同名ベストセラー小説の映画化。
「キミスイ」の愛称で若い世代を中心に人気で、膵臓の病を抱えた高校生・山内桜良と彼女の同級生【僕】を軸に、原作にはない12年後の<現在>と、桜良と一緒に過ごした学生時代の<過去>という、2つの時間軸を交差させながら、大切な人の死、過ごした時間、伝えたかった想いなど、時を経て届く言葉を超えた想いが綴られる。

高校生のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。
彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。
だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。

上映後の舞台挨拶にて北川は、「こうして皆様のお顔を拝見していますと、満足していただけたんだなと思います。本当にありがとうございます。初日の舞台挨拶というものは非常に感慨深いですし、お客様に作品を橋渡しできる日をずっと待ち望みながら撮影をしていますので、こんな素敵な空間を共有できてとても嬉しいです。」とコメント。

この日は、移動距離11,510km(およそ日本一周分)、取材時間205時間、取材媒体数285媒体という怒涛のPR活動を送った浜辺さんと北村の軌跡を紹介。同作の主題歌、Mr.Childrenの『himawari』をBGMに映し出された映像を観て北川は、「じっくりと宣伝できない時もあるので、2人にとって良い経験になったのではないかと。こんなにいろいろなところを周っていたんだなということと、曲が良くて自分が行ったかのように思えて泣きそうになりました。本当にお疲れ様でした。」とユーモアも交え、2人を労った。

また、北川自身が過去に訪れた地方でのPR活動の思い出を聞かれ、「地域によって観てくださった方々のリアクションが違うので参考になります。あとは、取材してくださるインタビュアーさんが、地方に行けばいくほど濃い方が多かった印象があります。その土地の方言を教えてくださったり、有名なキャラクターを見せてくださったり。そういうことが思い出として残っています。」と振り返った。

最後に北川から浜辺さんへ、小栗さんから北村へひまわりの花束をプレゼント。北川は浜辺さんへ、「伝えるのが難しい作品だったと思いますが、一生懸命プロモーションしている姿がとても素敵でした。そして素敵な桜良を演じてくれてありがとうございました。」と感謝の気持ちを語った。

映画「君の膵臓をたべたい」は現在絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top