shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

八木優羽亜 舞台「GIRLS PRISON OPERA ~ガールズ プリズン オペラ」公演スタート!

八木優羽亜出演舞台「GIRLS PRISON OPERA ~ガールズ プリズン オペラ」が、8/23(水)八幡山ワーサルシアターにて開幕。

同作は、『松本清張ミステリー時代劇』『山本周五郎人情時代劇』『だいすき!!』などのプロデュースを手掛ける山本和夫氏が企画・演出。
舞台となるのは東京のはずれにある女子少年院『のぞみ女子学園』。桜の咲き始める麗らかな春、落ち目のロック歌手野中直樹はやって来た。二週間後の学園祭で、オペラを成功させること。それが学園長の願いだった。
殺人、強盗、放火、窃盗、売春、覚せい剤、詐欺……
様々な犯罪で女子少年院に送られた少女達。果たしてオペラを成功させることが出来るのか!?

同舞台は、チームA・チームBの2Ver.でのキャスト編成で公演が行なわれ、八木は両チームの公演に出演。

松崎聖子役を演じる八木は、「私は松崎聖子という19歳の女の子を演じます。売春と窃盗で少年院に入りました。普段は優しいにこにこした女の子ですがお母さんからの虐待が原因で非行に走りました。自分の気持ちをなかなか素直に言葉にできない、本当は泣きたいのに泣けない、切ない女の子です。そんな女の子が後半にいくにつれてどう変化していくか、是非観ていただきたいです。」とコメント。

意気込みを聞かれると、「今回この舞台に出演するにあたって、稽古期間は本当にたくさん悩みました。舞台出演が決まる前から、普段の演技レッスンでも上手くいかないことばかりで演技に対する自信が全くなくて、出演が決まった時も正直不安の方が大きかったです。でも稽古していくうちに聖子ちゃんとの共通点をいくつもみつけて、松崎聖子は私しか居ないんだ!と思ったらどんどん聖子ちゃんへの想いが強くなって、今は不安とか恐怖よりも聖子として、観にきてくださった皆さんに想いが届くように自分の体で聖子を生かしてあげようと思っています。」と語った。

最後は、これからご来場いただく皆様へ向けて「『GIRLS PRISON OPERA ~ガールズ プリズン オペラ』は再演が続く人気作で今回4回目の公演ですが、演出の山本さんも稽古でおっしゃっていたことなのですが過去の公演にも全く引けを取らない作品となっています。細かいところまでこだわり抜いた、見るたびに次々と新しい発見があるような飽きない舞台になっています。この舞台に関わった全員が悩んだり、苦しんだりしながら作ってきた傑作です。人と人との心の(時には体の)ぶつかり合いが、それによって生み出されるものが、新鮮に、鮮明に描き出されています。この舞台をみて後悔することは100パーセントないと自信を持って言えます。ぜひ観にきてください!!」とメッセージを送った。

舞台「GIRLS PRISON OPERA ~ガールズ プリズン オペラ」は、8/27(日)まで八幡山ワーサルシアターにて上演。
ぜひ劇場でご観劇ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top