shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

市原隼人 映画「サムライせんせい」ポスタービジュアル&薩長土肥バージョン予告映像が解禁!

市原隼人主演映画「サムライせんせい」のポスタービジュアル、そして薩長土肥バージョン予告映像が解禁となった。

原作は黒江S介氏による同名漫画「サムライせんせい」(原作:黒江S介/リブレ刊)で、幕末・明治維新150周年記念し製作される同作。

幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。
尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。
半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。
当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。
平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった︕

先行上映される薩長土肥バージョンとして公開される予告編では、平成の時代に迷い込んだ直後の半平太と、いきなり現れたサムライにアタフタする現代人が登場。
見たことのない現代の風景や生活ぶりに驚くばかりの半平太に反し、サムライを受け入れて行く周囲の人々の温かさが垣間見れるシーンも盛り込まれ、幕末時代と現代の様子が交錯する中、予告映像の後半では昔も今も変わらない日本への思いを語る半平太。「この日の本(ひのもと)をよくするために全力で奔走せないかんぜよ!」と、祖国を変えようと奔走した半平太らしいセリフが今を生きる現代人の心に深く刻まれる映像が完成した。

映画「サムライせんせい」は、11/18日(土)TOHOシネマズ高知他、薩長土肥先行公開。そして、2018年新春、東京公開ほか、全国北上公開。
ぜひご期待ください!



映画「サムライせんせい」公式サイト:
http://samuraisensei.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top