shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 監督作品・スピッツ「歌ウサギ」×映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』スペシャルショートムービーが完成!

三木孝浩が、スピッツ「歌ウサギ」×映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』スペシャルショートムービーを監督した。

少女コミックを代表する純愛名作コミックとして広く親しまれ累計発行部数570万部を突破、今も根強い人気を誇る大ヒットコミック「先生!」が三木により実写映画化。同作は、口ベタだけれど生徒想いな世界史の教師、伊藤(生田斗真)と、そんな伊藤に生まれて初めての恋をするちょっと不器用な高校2年生・響(広瀬すず)の切なくもあたたかい純愛ラブストーリーで、10/28(土)全国公開となる。

この度、スピッツの描き下ろした映画主題歌「歌ウサギ」から、また新たな物語を綴る完全撮りおろしのスペシャルムービーが完成した。今回の作品では映画で描かれる物語のその後、高校を卒業した後の響の姿が描かれており、映画と同じく広瀬すずが響を演じる。

映画では高校二年生の響の初恋を描いているが、今回は高校を卒業して少し大人になった響が登場。イヤホンから流れる「歌ウサギ」を口ずさみ、母校の教室、廊下、そして海辺などの想い出の場所をめぐりながら映画で描かれている初恋の想い出をたどる物語。三木はスピッツの大ファンで、映画の脚本作りや衣裳合わせの段階からスピッツの曲を聴きながらイメージを膨らませていたことなども明かしていたが、そんな三木の「この曲の世界観を映像化したい!」という希望が実現し、響役の広瀬すずも出演を快く引き受けて、映画の公開がよりたのしみになるような、暖かくも切ない世界観とぴったりと寄り添うショートムービーが完成した。

三木は、「初号試写で「歌ウサギ」をエンドロールと共に聴いた時、撮影から半年しか経っていないのに、映画の中の世界がどこか遠い思い出のように感じて、懐かしさと切なさで胸がいっぱいになりました。その場に一緒にいたすずちゃんはあの時から少し髪も伸びてて、その姿を見てなんだか卒業して久しぶりに会った響が映画を観ながら自分の思い出を回想しているようなそんな錯覚にとらわれて、もしすずちゃんが「歌ウサギ」を聴きながら、かつて自分がいた場所をたどることができたらとっても素敵だなぁと思ったのが、今回のスペシャルムービーを作りたいと思ったきっかけでした。見た人全てが、自分の初恋の気持ちを蘇らせて抱きしめたくなるようなそんなムービーにしたいと思って作った作品です。ぜひ映画本編とあわせて楽しんでいただけたら嬉しいです!」とコメントを寄せた。

スピッツ「歌ウサギ」×映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』スペシャルショートムービーは、映画公式サイトにて配信中!
また、映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』は、10/28(土)全国公開!
ぜひ合わせてお楽しみください!
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top