shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 映画「南瓜とマヨネーズ」完成披露上映会!

太賀出演映画「南瓜とマヨネーズ」の完成披露上映会が、10/10(火)新宿武蔵野館にて行われ、監督・共演者らと共に太賀が登壇した。

同作は、夢を追いかける恋人せいいち(太賀)と、忘れられない昔の男ハギオ(オダギリジョ-さん)との間で揺れる女性ツチダ(臼田あさ美さん)の繊細な心情を痛々しいほどリアルに描いた漫画家・魚喃キリコさんの代表作「南瓜とマヨネーズ」が原作。当時のストリートファッションとカルチャーを牽引した雑誌『CUTiE』から派生した、『CUTiE Comic』(共に宝島社)にて1998年から1999年にかけて発表され、90年代の感度の高いユース・カルチャーのバイブル的存在となり、以降も愛され続けてきた。脆くこわれやすい日常が、あたりまえに続いていくことの大切さを説くこの恋愛漫画の金字塔を、『パビリオン山椒魚』(06)、『乱暴と待機』(10)、『ローリング』(15)で知られる鬼才・冨永昌敬監督が実写映画化。

太賀はツチダの恋人・せいいちを演じる。曲が書けないスランプに陥り、自分の理想と現実のギャップに苦悩するミュージシャンという役どころだ。

上映前舞台挨拶にて太賀は、「撮影が1年前なのですが今でも鮮明に覚えていて、あの時過ごしていた時間が作品となり皆様に届けられるようになったのだなと感慨深いです。それが皆様にどういう風に受け止められるのか少しドキドキしながらも楽しみです。」とコメント。

せいいちを演じるにあたっては、「せいいちはミュージシャンとしての仕事が上手くいっていなくて、自分の感情に立ち止まるというか迷ってしまっているのですが、それでもツチダが支えたくなるような親しみというか愛嬌じゃないですけど、そういったものを出していけば何とかオダギリさん演じるハギオの対になれるんじゃないかなと思って、親しみでいくしかないという感じでした。」と語った。

オダギリジョーさんの印象については、「共演という意味では3回目なのですが、今回の現場に入る前は言うなれば恋敵という立ち位置で、せいいちとして物語の展開も知っているし、ツチダがハギオのところにいくのは胸を掻き毟られるような気持ちで、ハギオとのシーンに頼むから行かないでくれという気持ちになって牙を剥いていようとはなっていたのですが、いざオダギリさんと対面するとすっぽりと懐に入っちゃうというか人間的な魅力に虜になりました。」と振り返った。

せいいちとハギオの間に揺れるツチダという人間模様にちなんで、個人的にどちらか選べないことを聞かれると、「異性とデートに行く時に白シャツで行くか白Tで行くか」と回答。「僕は白Tの楽さが好きで、どちらかというと白Tな自分が好きだけど、デートなら品も備えた方が良いかなと白シャツの方が良いのではないか…。気取っちゃっている自分も嫌いじゃないので、悩みどころです。」と持論を展開する太賀に、異性としての回答を求められた臼田あさ美さんが「どっちでもいいです(笑)でも、その迷う気持ちは良いと思います(笑)。」とコメントすると会場は笑いに包まれた。

映画「南瓜とマヨネーズ」は、11/11(土)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

【ストーリー】
ツチダは同棲中の恋人・せいいちのミュージシャンになる夢を叶えるために、内緒でキャバクラで働き生活を支えていた。一方、無職で曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。
しかし、ツチダがキャバクラの客・安原と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。そんな矢先、ツチダにとって今でも忘れられない昔の恋人・ハギオと偶然、再会を果たす。
過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが…。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top