shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 主演映画「恋と嘘」文化祭サプライズイベント!

森川葵主演映画「恋と嘘」文化祭サプライズイベントが、10/7(土)目黒学院高等学校にて行われ、北村匠海、佐藤寛太さんと共に森川が出席した。

マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ「恋と嘘」。コミックス発売後も重版を連発し、アニメも大絶賛されている本作が、原作とつながりを持つアナザーストーリーとして実写映画化。

少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
人よりちょっと優柔不断な仁坂葵(森川)は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔(北村匠海)に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑(佐藤寛太さん)が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

森川は、仁坂葵役を演じる。
幼い頃から“政府通知”に憧れ、通知の相手と幸せに結ばれることを夢見ている。普段はどのクレープを頼むか決められないほどの優柔不断。しかし、小さい頃には、お遊戯会で他の女の子にヤキモチを焼いていきなり司馬にキスするくらい一直線な面もある。

割れんばかりの歓声の中、生徒達の前にサプライズ登場した森川は、「皆さん、盛り上がっていますか?『恋と嘘』で仁坂葵を演じた森川葵です。仁坂葵は、すごく優柔不断な女の子で16歳という設定です。皆さんとほぼ変わらない年齢の女の子を演じました。短い時間ですが今日は盛り上がっていきましょう!」と笑顔で挨拶。

自由恋愛が許されない世界のヒロインを演じた感想を、「結婚相手が決められて“政府通知”として届けられるというのは、自分の身に起きた事がなかったので、始めは台本を読むだけでは実感が湧かなかったです。でも家族とのシーンで、“16歳になったから政府通知が届くね。おめでとう。”という場面を撮影して、仁坂葵として“政府通知”が楽しみだなという風にどんどん変わっていきました。」と語った。

さらに、物語にちなみ“最高”の人と“最良”の人を選択するとしたら何を決め手にパートナーを選ぶかという質問に、「私は美味しいものを食べに行くのが好きなので、一緒にご飯を食べに行けて、楽しく美味しさを分かち合える人です。」と回答した。

また、この日が文化祭ということで自身の学生時代について聞かれ、「通っていた高校がどちらかといえばギャルっぽい女の子が多くて、自分もそこに馴染みたかったので、カラコンやメイクして学校に行っていました。ルーズソックスも履いていました(笑)。」と告白。佐藤さんから“高校時代の写真を見せてもらったが似合っていた”と声を掛けられ、「高校時代がそんな風だったので、今は落ち着いているという感じなのかもしれないです。」と話した。

文化祭の思い出については、「工業系の高校に通っていて、木を削ったものを組み立てて椅子を作ったり製図を書いたりしていたので、その展示の受付係などをやっていました。」と答えた。

その後、学生達に向けて“政府通知”に賛成と反対のどちらを選ぶかという質問を投げかける企画を実施。森川は、反対を選択した学生の “科学で相手が決まったら上辺だけの関係で家庭破綻になりそう。友達同士でもそれは嫌だ。”という理由に、「確かに恋愛関係だけではなく友情関係にも影響がありそうですね。」と納得していた。

最後に、「楽しい文化祭にお邪魔させていただいて、ありがとうございました。この映画は、実際にいま高校生の方が見て“自分の幸せってなんだろう”と考えさせられる内容になっています。ぜひ劇場に足を運んで学校の友達に広めてください。お願いします!」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「恋と嘘」は、10/14(土)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top