shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 主演映画「氷菓」完成披露試写会!

山﨑賢人主演映画「氷菓」完成披露試写会が、10/11(水)TOHOシネマズ新宿にて行われ、広瀬アリスさん、岡山天音さん、安里麻里監督と共に山﨑が登壇した。

同作は、累計230万部突破、ミステリーランキング3冠・米澤穂信による学園ミステリー小説<古典部>シリーズ初実写映画化。「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする“省エネ主義”の折木奉太郎(山﨑)は、姉の命で部員ゼロ&廃部寸前の古典部に入部することに。そこに“一身上の都合”で入部してきたお嬢さま・千反田える(広瀬アリス)。「わたし、気になります!」となると誰にもとめられない、好奇心のかたまりのような少女だった。えるに巻き込まれ、奉太郎は眠っていた推理力で学園に潜む謎を次々と解き明かしていく、謎解き青春学園エンタテインメントとなっている。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した山﨑は、「皆さん、こんばんは。折木奉太郎という省エネ主義の青年を演じました。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

折木奉太郎を演じた感想について、「省エネなので、あえて何もしない、無気力な感じを出そうと。あまり感情をつけてしまうと外れてしまうので、そのラインを考えながらやりました。」と語った。

映画のキーフレーズ『わたし、気になります!』にちなみ、登壇者が山﨑の気になるところを発表することに。広瀬さんは、プライベートでも親交の深いという山﨑と岡山さんの仲について言及。『山﨑さんの岡山さんへの溺愛ぶりが気になります。移動中のロケバスの中でも一緒に居て、前世で2人は1人だったという話をしていた。』と明かされると、お互いに見つめ合いながら「全部が好き」と笑顔。さらに、岡山さんからは『待ち合わせで俺が待っている間、何をしているか気になります。1~2時間待たせておいて、明るくやって来る。前はカフェに踊りながら来て電球に頭をぶつけて、他のお客さんから不思議がられていた。』という告白に「普通にダラダラ家で準備していて…。」と話す山﨑の言い訳にも岡山さんは笑顔でうなずき、終始2人の仲の良さを伺わせていた。

最後に、「この映画は学園ミステリーということで、これまでになかったような形の映画になっていますし、すごくメッセージ性があります。4人それぞれがバラバラの性格で、その会話のテンポも面白いです。バラ色の人生を望んでいない、灰色の人生を望んでいる奉太郎がえると出会って、里志や摩耶花と一緒に謎を解いていくうちにどうなっていくのか観てもらいたいと思います。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「氷菓」は、11/3(金・祝)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
「わたし、気になります!」奉太郎の安穏な高校生活が彼女の一言で一変した。
「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校一年生、折木奉太郎(山﨑賢人)。神山高校でも安穏とした灰色の高校生活を送るつもりだったが、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。嫌々部室へと向かった奉太郎は、一身上の都合で古典部に入部してきた少女・千反田える(広瀬アリス)と出会う。一見清楚なお嬢さまといった印象の美少女だが、「わたし、気になります!」となると誰にも止められない、好奇心のかたまりのような少女だった。中学からの旧友、伊原摩耶花(小島藤子)と福部里志(岡山天音)も入部し、新生古典部が発足した。えるの好奇心に巻き込まれるうちに、学園で起こる不思議な謎を次々と解き明かしていく奉太郎。そんな奉太郎の推理力を見込んだえるは、彼にある依頼をする。「10年前に失踪した伯父がえるに残した言葉を思い出させてほしい」― それは33年前に学園で起きたある事件へとつながっていたのだった。彼らは、33年前に発行された古典部文集「氷菓」と歴史ある学園祭に秘められた真実を解き明かすべく、歴史の中に埋没し、伏せられてきた謎に挑んでいく。
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top