shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗(M!LK) 映画「ミックス。」公開記念トークショー!

佐野勇斗出演映画「ミックス。」公開記念トークショーが、10/15(日)KITTEにて行われ、佐野が出席した。

同作は、不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語。
佐野は、多満子の亡き母が創設した「フラワー卓球クラブ」の部員・佐々木優馬役を演じる。学校生活に馴染めずに不登校になってしまった高校生。家庭環境が悪く両親とは不仲で家にも居場所がない。彼には卓球場だけが唯一の心のよりどころだった。卓球練習の後は一人公園やファミレスで時間をつぶしている。卓球は遊び程度でお世辞にもうまいとは言えないが卓球マニアで知識が豊富なインテリ派。専業主婦の弥生と年の差のペアを組むことになる。

トークショーにて拍手で迎えられた佐野は、「皆さん、盛り上がってますかー?佐野勇斗です。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

自身の演じる役柄について、「人間どこか不器用で欠点だらけじゃないですか。そんな登場人物たちが卓球を通じて小さな奇蹟を起こすという、笑いあり、涙あり、感動ありの、どの世代の方にも観ていただける作品です。僕はその中で、引きこもりで自分に自信がない卓球マニアの佐々木優馬役を演じています。自分自身に問題を抱えていて、学校にも家庭内にも居場所がないし、でも卓球だけが唯一心のよりどころであり、卓球クラブだけが自分を唯一出せる救いの場で、卓球を通じて優馬自身も成長していきます。」と語った。

オールスターキャストと謳われる同作への出演に、「本当に豪華すぎて、このお話をいただいたときはどうしようかと思ったんですけど、皆さんに本当に仲良くしていただいて、“あまり話しかけちゃいけないのかな”って思っていたんですけど、家族のような関係を築かせていただいて、今でも連絡を取り合ったりしています。」と話した。

劇中でペアを組んだ広末涼子さんについて聞かれると、「広末さんは僕自身もテレビで観て知っている方でしたし、すごく緊張していたんですけど、こんなこと言ったら失礼かもしれないですけど、お母さんのように面倒を見てくださいました。僕がオタク役ということもあって減量をしていて、無理な減量だったので、肌も荒れちゃったりしたんですけど、広末さんが“栄養のあるもの食べな”ってお弁当を作ってきてくださいました。」とコメント。印象に残っている料理を聞かれると、「ゴーヤチャンプルー。僕、ゴーヤが苦手って言っていたんですけど、あえてゴーヤチャンプルーを作ってきてくださいました。苦味がなくなるよう塩抜きをしてきてくださって、僕は広末さんのゴーヤチャンプルーだけ唯一食べられるんです。お母さんのやつも食べられないのに、広末さんのやつだけ食べられます。普段から仲良くさせてもらっていますし、すごく優しい方です。」と明かした。

さらにイベントでは、劇中で卓球指導をされた川口陽陽さんとミックスを組み、東京キングコングのメンバーと試合をする一幕も。佐野は序盤緊張からかミスがあったものの、後半はカットの回転をかけたり、ネットインやエッジを攻めるプレーで好戦し、接戦の末、見事勝利。ギリギリを突いたプレーにMCから“狙ったんですか?”と聞かれるも、「もちろんです!…全部まぐれです!(笑)」と話し、笑顔を見せていた。

最後に、「皆さん、学校疲れたなとか、いろいろ悩みがあると思うんですけど、観たらちょっとでもがんばろうって希望が持てる映画になっています。ぜひたくさんの人に観てほしいです。よろしくお願いします。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

【ストーリー】
母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された28歳独身・多満子(新垣結衣)。母の死後、普通に青春を過ごし、普通に就職する平凡な日々を送っていたが、会社の卓球部のイケメンエース・江島(瀬戸康史)に告白され付き合うことに。ついにバラ色の人生が!と思った矢先、新入社員の美人卓球選手・愛莉(永野芽郁)に江島を寝取られてしまう。人生のどん底に落ち、逃げるように田舎に戻った多満子だったが、亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、自分の青春を捧げた活気のある練習風景はそこにはなかった。クラブの部員も、暇を持て余した元ヤンキーのセレブ妻、ダイエット目的の中年夫婦、オタクの引きこもり高校生、さらにケガで引退した元日本ランカーのプロボクサーながら、妻の上司を不倫相手と勘違いして暴力事件を起こし、妻と娘に見捨てられた新入部員の萩原(瑛太)など、全く期待が持てない面々だった。しかし、江島と愛莉の幸せそうな姿を見た多満子は、クラブ再建と打倒江島・愛莉ペアを目標に、全日本卓球選手権の男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を決意。部員たちは戸惑いながらも、大会へ向け猛練習を開始する。多満子は萩原とミックスを組むものの、全く反りが合わずケンカばかり。しかし、そんな二人の関係にも、やがて変化が訪れていく―。
果たして、フラワー卓球クラブは奇跡の全日本選手権出場を叶えることができるのか?
そして、がけっぷちアラサー女子・多満子の恋の行方は!?
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top