shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

阿部進之介 映画「狂い華」初日舞台挨拶!

阿部進之介出演映画「狂い華」が10/14(土)公開初日を迎え、新宿シネマカリテで行われた舞台挨拶に阿部が登壇した。

同作は、気鋭の映画監督・湯浅典子、井上博貴、戸田彬弘によるオムニバス映画。
映画際での受賞歴、国内外でも評価の高い3名が、未知のホラーサスペンスというジャンルに意欲的に取り組み、3者3様の全く異なったコンセプトにサスペンス要素を加え、観るものを狂気に誘い込む作品を生み出した。

阿部は、ありふれた日常に潜んだ、ある家族が持つ表と裏の顔を描いたサイコサスペンス、湯浅典子監督の【優しい日常】に主演。
物語は、藤崎亜実が学校で腕を骨折したことから始まる。担任教師である津田は藤崎家を訪れることになるのだが、亜実の母・可南子や、弟・翔との会話、家が醸す雰囲気から、家族の秘密に気付き始める。次第に可南子の持つ危うい魅力に津田は心を奪われていき、家族が隠し続ける秘密が明らかにされたラストは、衝撃の顛末を迎える――。

阿部は藤崎亜実の担任教師・津田を演じている。

この日、【優しい日常】からは湯浅典子監督と阿部が登壇し、撮影の様子を振り返った。湯浅監督いわく、戦場のような現場だったそうで、阿部はうなずきつつ、「“スーパー湯浅”が炸裂した現場。監督がチャキチャキ進めて、周りもああでもない、こうでもないと言いながら熱をもって作りました。」と話した。

また自身が演じた役について、「駆け抜けたので記憶にない部分もあるのですが、自分に近い感じで演じました。」と話すと共に、完成した作品を、「脚本の段階で、“こういうことを表現するんだろうな”とか“ここを撮りたいんだろうな”というのがあるのですが、今回は編集の段階で違う角度を残したりといったこともあって、それが独特の世界観になったのではないかと思いました。」と語った。

さらに、戸田彬弘監督の【ワルツ】に触れ、「みんなで行く感じが学生の時にあったな、と呼びさまされたような気がしましたし、自分の体験とかぶさって怖かったです。」と話した。

映画「狂い華」は、新宿シネマカリテにて公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top