shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

常盤貴子 「第30回東京国際映画祭」レッドカーペットに登場!

常盤貴子出演映画「花筐/HANAGATAMI」が、「第30回東京国際映画祭」特別招待作品に選出され、10/25(水)六本木ヒルズアリーナにて行われたオープニングイベントのレッドカーペットに常盤が登場した。

「東京国際映画祭」(以下TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作連盟公認の国際映画祭。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生したTIFFは、日本及びアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の映画祭へと成長。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供する。

第30回を迎える今年は10/25(火)~11/3(金・祝)まで開催し、六本木ヒルズ、EXシアター六本木ほか、都内の各劇場および施設・ホールで様々な企画・イベントを開催する。

映画「花筐/HANAGATAMI」は、世界的カルト映画にして大林宣彦監督のデビュー作『HOUSE/ハウス』(77)より以前に書き上げられていた幻の脚本が40年の時を経て奇蹟の映画化。自分の命さえ自由にならない太平洋戦争勃発前夜を生きる若者たちを主軸に、心が火傷するような凄まじき青春群像劇を、圧倒的な映像力で描く。
原作は三島由紀夫がこの一冊を読み小説家を志したという檀一雄の純文学「花筐」。尾道三部作をはじめ数多くの“古里映画”を撮り続けてきた大林宣彦が選んだ佐賀県唐津市を舞台に、唐津の魂「唐津くんち」が映画史上初の全面協力をしている。余命宣告を受けながら完成させた大林宣彦的“戦争三部作”の締めを飾る魂の集大成である。

レッドカーペットイベントで監督、キャストと共にインタビューに応じた常盤は「映画「花筐」で来ました。公開が12月なので、そのきっかけになればいいなと思います。皆さん観てください。」とメッセージを送った。

同作の上映は、10/28(土)14:30~ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN2にて行われる。

なお、映画「花筐/HANAGATAMI」12/16(土)より有楽町スバル座他全国順次公開。
ぜひご期待ください!

【物語】
少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。
1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)と“不良”なる青春を謳歌している。しかし、我が「生」を自分の意志で生きようとする彼らの純粋で自由な荒ぶる青春のときは儚く、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。「殺されないぞ、戦争なんかに!」・・・俊彦はひとり、仲間たちの間を浮き草のように漂いながら、自らの魂に火をつけようとするが……。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top