shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 映画「予兆 散歩する侵略者 劇場版」初日舞台挨拶!

夏帆主演映画「予兆 散歩する侵略者 劇場版」が11/11(土)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に夏帆が登壇した。

同作は、劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を、国内外で常に注目を集める黒沢清監督が映画化した「散歩する侵略者」のアナザーストーリーとして新たな設定、キャストで描くスピンオフドラマ。
映画版に引き続き、黒沢清監督がメガホンをとり、映画「リング」シリーズで世界にJホラーブームを巻き起こした高橋洋さんが脚本を担当。WOWOWでドラマ第1話がOAされるや、映画版と大きく異なる恐怖と驚愕の展開に大きな反響を巻き起こし、『予兆 散歩する侵略者 劇場版』として急遽劇場公開が決定した。

数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる、という大胆なアイデアをもとに、映画版とは一味違った新たな侵略サスペンスが繰り広げられる同作で、夏帆は主人公・山際悦子を演じている。

上映後に行なわれた舞台挨拶で、「映画館という環境でこの作品を観てみたいと思っていたので、こういった形で皆さんにお届けすることができて嬉しいです。」と感慨深い様子で語った夏帆。

自身が演じた役について、「黒沢さんからは度々、悦子の強さを意識して欲しいという演出がありました。東出(昌大)さん演じる真壁と対峙し、怯えたり恐怖心が強く出るシーンが多かったのですが、悦子の強さは常に意識をしていました。」と話すと共に、「悦子は特別な力があって“君しか世界は救えない”と言われますが、悦子自身は夫である辰雄や日常を守りたいと思って突き進む女性。世界が終わるなんて大きなことを言われても分からないけど、自分が大事にしているものを守りたいという気持ちはすごく分かります。」と共感できる部分について語った。

その後、撮影で印象的だったシーンを聞かれ、染谷将太さんが手に持った包丁を光らせるシーンをあげ、「長回しのシーンだったのですが、光らせる時だけ染谷くんが一瞬、素に戻るんです。」と話すと染谷さんが、“激しい芝居をした後に包丁が映るシーンで、光らせる角度が難しかった”とコメント。それを受け、「その後またお芝居に戻って(笑)。私も光らせているときは映っていないので、“光ったな”と思ったら出て行ってお芝居に戻るといったシーンでした。」と振り返った。

また、同作が “もうすぐ世界が終わるとしたらどうする?”という問いからスタートすることから、現実で同じ状況になったらどうするかと質問され、「今までできないことをするのも…。何事もなくごく普通に過ごすと思います。」と悩みながらも答えた。

そして最後に、「撮影していたときから劇場版として世に出せたらという話しをしていたのですが、実現することができて本当に嬉しいです。よりたくさんの方に作品を観ていただければと思います。今日はありがとうございました。」とメッセージをおくり、舞台挨拶を締めくくった。

映画「予兆 散歩する侵略者 劇場版」は、絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
山際悦子(夏帆)は、同僚の浅川みゆき(岸井ゆきの)から、「家に幽霊がいる」と告白される。みゆきの自宅に行くとそこには実の父親がいるだけだった。みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫・辰雄(染谷将太)の勤める病院の心療内科へみゆきを連れていく。診察の結果、みゆきは「家族」という《概念》が欠落していることが分かる。
帰宅した悦子は、辰雄に病院で紹介された新任の外科医・真壁司郎(東出昌大)に違和感を抱いたことを話すが、辰雄からは素っ気ない返事のみ。
常に真壁と行動をともにする辰雄が精神的に追い詰められていく様子に、悦子は得体の知れない不安を抱くようになる。ある日、悦子は病院で辰雄と一緒にいた真壁から「地球を侵略しに来た」と告げられる。冗談とも本気ともつかない告白に、悦子は自分の身の周りで次々に起こる異変に、真壁が関与しているのではないかと疑い始める―

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top