shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「恋は雨上がりのように」W主演決定!

小松菜奈が2018年5月公開予定の映画「恋は雨上がりのように」でW主演を務めることが発表された。

同作は、現在「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載中、「このマンガがすごい!」、「マンガ大賞」、「全国書店員が選んだおすすめコミック」など各賞にランクイン、20代の女性を中心に“恋雨”ブームが巻き起こるなど、今もっとも注目されている眉月じゅんさんによる同名漫画の映画化。
陸上の夢を怪我で絶たれてしまった主人公の女子高生【あきら】と偶然訪れたファミレスの店長【近藤】が、28歳という歳の差がありながらも心の距離を縮めていき、お互いが自分自身と向き合う“人生の雨宿り”となって、徐々に勇気を取り戻して成長する物語となっている。
メガホンをとるのは、『ジャッジ!』(2014)、『世界から猫が消えたなら』(2016)、『帝一の國』(2017)などの永井聡監督。映像と音楽を活かした映画ならではの表現でエンタテイメント作品に昇華させながら、原作の持つ、優しい雰囲気を大切にした、登場人物たちの真っ直ぐな想いに胸を打たれる作品を目指していく。

高校2年生の【橘あきら】(小松)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは 店長の【近藤正己】(大泉洋さん)だった。
それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて…
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず――
真っ直ぐすぎる17歳とバツイチ子持ちで冴えない45歳。
年齢差28歳の2人の関係はやがて、それぞれが自分自身を見つめ直すきっかけとなって――

出演が決定し、「このお話をいただいて原作を読ませていただいたのですが、人を好きになるって理屈じゃないなって純粋に思えた漫画に出会う事が出来ました。最初は女子高生とおじさんの恋愛の話しかなって思いましたが、読み進めていくと2人の成長物語のように思います。微笑ましく、ちょっぴり泣けたり、大切な想いだったり、人を好きになる事だったり読んでいてなんとなく背中を押してくれる感じがしました。」と原作の魅力を語った小松。

撮影について、「素直に伝えるって難しい事だけど、私が演じるあきらとして素直にまっすぐ伝えたいです。あきらが恋をする相手・近藤を演じる大泉さんとは今回が初共演になります。2人の絶妙な距離感や空気感を大泉さんと一緒に作り上げていくことに私自身とても楽しみです。プレッシャーはありますが原作の世界観をより大事に永井監督、大泉さんや共演者の方々と一緒に楽しく描ければいいなと思います。」と意気込んだ。

映画「恋は雨上がりのように」は、2018年5月東宝系にて公開予定。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top