shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

結木滉星 映画「一礼して、キス」初日舞台挨拶!

結木滉星出演映画「一礼して、キス」が、11/11(土)公開初日を迎え、新宿バルト9にて行われた舞台挨拶に結木が登壇した。

同作は、小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突破した色気の魔術師の異名を持つ、加賀やっこさんによる同名マンガの映画化。先輩である岸本杏の弓道をする姿に恋をした三神曜太の不器用ながら一途な杏への想いと、ひたすらに、三神の想いに応えようとする杏のラブ・ストーリーが描かれている。

中学からの 6 年間を弓道に捧げてきた、岸本杏。 弓道部の部長は務めているものの、結局、満足のいく結果も出せないまま、高校三年生で挑んだ夏の大会が終わってしまう。次期部長は、後輩の三神曜太。普段から、ほとんど練習もしないのに、入部した当初から、天才ぶりを見せつけ、大会でもいとも簡単に優勝してしまった三神に複雑な思いを抱える杏。そして、杏はついに引退を決意し、三神に部長の任を引き継ぐことに。だが、それを知った三神は、杏に“あるお願い”をしてきて…!?「俺は先輩の事、ずっと見てましたよ…。」三神の一途な愛がさく裂…。二人は無事、結ばれるのか?

結木は、三神の同級生で、弓道部のムードメーカー・遠藤章太郎を演じる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した結木は、「遠藤章太郎役を演じました、結木滉星です。今日という日をこんなにたくさんの方々と共有できてとても幸せです。本日はよろしくお願いします。」と挨拶。

撮影中印象に残っているエピソードについて、「今でも覚えているのは、冬の撮影だったんですけど、撮影シーンが冬の設定ではないので、(息が白く映らないよう)スタートの直前まで氷を舐めて挑んでいました。」と明かした。

またこの日は男性キャストが勢ぞろいしたことから、実はやってみたかった役は?という質問に、「(松尾太陽演じる)由木直潔なんですけど、穏やかな性格で(主人公)2人のことを応援していてというのもあるんですけど、僕は太陽になりたいんですよ。キャーキャーー言われてみたいなと思って。今日も僕以外全員(ファンの方が掲げるボード)ありますよ。僕のはないです。」と話し会場を見渡すと、結木のボードを持つファンの方がすかさずアピール。「あった!うれしいです!」と話し、笑顔を見せていた。

映画「一礼して、キス」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top