shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 「ミッドタウン・クリスマス 2017」点灯式に出席!

北川景子が、11/15(水)東京ミッドタウンで行われた、「ミッドタウン・クリスマス 2017」点灯式に出席した。

東京ミッドタウンの風物詩「ミッドタウン・クリスマス」は、今年で11回目を迎えるクリスマスイベント。“ミッドタウンクルーズ”をテーマに、東京ミッドタウン全体で約51万個のLEDを使用したクリスマスイルミネーションが11/15からスタートし、広大な芝生広場を舞台に宇宙を旅する光と音のショーを曜日ごとに毎日異なる演出で楽しめる「スターライトガーデン」や、星くずの世界に迷い込んだような体験ができる新エリア「スターダストゾーン」など、見るだけではなく体験するイルミネーションとして12/25(月)まで開催される。

この日は、映画「探偵はBARにいる3」で主人公・探偵を演じる大泉洋さんとヒロイン・岬マリを演じる北川が点灯式に出席。東京ミッドタウンには、買い物や仕事で通るという北川だが、「一番良く来るのは美術館。イルミネーションはニュースで拝見していましたが、実物を見るのは初めてなので楽しみにしてきました。」と声を弾ませた。

そして、大泉さんと点灯スイッチを押し、スペシャルプログラム演出のイルミネーションが点灯。青い光が一面に溢れると、「ロマンチックでキレイ。」と感動しきりの様子だった。

その後、映画「探偵はBARにいる3」の話題へ―。北川は、「大人気のシリーズですし、大泉さんのこの作品にかける大きな想いがあると感じました。ヒロインの責任は重大だと思っていたのですが、ご覧になった女性のお客様から面白かったという声をたくさんいただいたので、次につなげるお力添えができたのでは。」とコメント。

どのような点が女性に共感を得ていると思うかと聞かれ、「とにかく大泉さん演じる探偵がカッコイイ。たくさん言葉をかけるわけではないけれど守ってくれたり、本気になってくれているところが女性としては嬉しいですし、今回はヒロインの運命も壮絶で女性が見てグッとくるシーンがあるので、そういう部分も響いたのではないかと思います。あとは探偵と高田の友情も女性からすると羨ましいと思う。」と自論を展開した。

また、探偵演じる大泉さん、探偵の相棒・高田演じる松田龍平さんとの撮影について、「もちろん探偵と高田なのですが、探偵と高田なのか、大泉さんと松田さんなのか錯覚してしまうような不思議な感覚でした。これが「探偵はBARにいる3」の世界観なんだと肌で感じられて楽しかったですし、お二人の軽妙でコミカルな掛け合いが面白いので、映画をご覧になった方も楽しいと思います。」と話した。

さらにシリーズの恒例となっている、探偵が拷問されるシーンについて、「ひどい目に合っているんだけど、そんな感じがしない。撮影は壮絶ですが、カワイイシーンとして和みます。」とコメントすると大泉さんが、“それを喜ぶ人が日本に一定量いるようです”と話し笑いを誘っていた。

そして最後に、「今日は素敵な点灯式を体験できて、良い日でした。これからクリスマスが近づいてきてイルミネーションがぴったりの季節になります。「探偵はBARにいる3」も12/1公開ということで、六本木も映画館がありますので、「探偵はBARにいる3」とイルミネーションをセットで楽しんでいただける冬になればいいなと思います。」とPRした。

映画「探偵はBARにいる3」は12/1(金)全国ロードショー。
ぜひご期待ください!

■映画「探偵はBARにいる3」ストーリー
「恋人の麗子が失踪した」。高田の後輩からのありふれた依頼を安易に引き受けた探偵。早速調査に乗り出すと、探偵は麗子がアルバイトをしていたモデル事務所のオーナー・マリと出会い、かすかな既視感を覚える。しかし周囲を嗅ぎまわる探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒されてしまう。次第に麗子の失踪の陰に、裏社会で暗躍する札幌経済界のホープ・北城グループの殺人事件が見え隠れする。マリはグループの代表・北城の愛人だった。そんな中、何かを思い出す探偵。なじみの元娼婦・モンローがかわいがっていた、今にも死にそうに震えていた女――「あれか…?あれがマリか…?」
緊張が走る裏社会、巨額の薬物取引、2つの殺人事件――。すべてはマリによる、北城をも欺く作戦であった。そしてマリは、探偵に最後の依頼を託す。その時、探偵と高田の別れへのカウントダウンが始まっていた。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top