shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

市原隼人 ドラマ「明日の君がもっと好き」主演決定!

市原隼人が、2018年1月スタートのドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日)で主演を務めることが発表された。

同作のテーマは、“人生に一度だけの大切な恋”――。
「女は面倒くさい」と言ってはばからない、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原)、ダメ男とばかり関係を持ち、恋をあきらめかけている30代女性秘書・里川茜(伊藤歩さん)、人懐っこいキャラとは正反対のウラの顔を持つ新社会人の男・城崎遥飛(白洲迅さん)、そして、自身の性的アイデンティティーに悩み、昼は工事現場、夜はガールズバーで働く丹野香(森川葵)といった、一癖も二癖もある<オトコ2人☓オンナ2人>の男女が、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げる新感覚のヒューマンラブストーリー。
さらに、4人の恋路に首を突っ込む茜の妹・黒田梓(志田未来さん)も加わりそれぞれにヒミツを抱えながら、結ばれたり、離れたり…を繰り返し、次に何が起こるかわからない“想定外”の物語を紡ぎ出していく。
また、登場人物それぞれの仕事観や、人知れず抱えた心や体に関する煩悶、家族との葛藤など、さまざまな要素を交えた濃密な人間ドラマを展開。恋愛だけではない、上質で味わい深いエンターテインメント作品として描かれる。

市原は、老舗造園会社に住み込みで働く、造園デザイナー・松尾亮を演じる。亮は、九州・博多を拠点とする大衆演劇の名門一座に次男として生まれるが、口下手で役者になることを嫌い中学卒業と同時に出奔。東京で行く当てもないところを、造園会社の社長に拾われた。趣味はカメラで蝶など昆虫や草花を撮ること。声をかけてくる女性とは付き合うものの恋や愛には興味がない植物系で、休日はカメラ片手にバイクで出かけては、一人の自由な時間を過ごしている、という役どころ。

同作について市原は、「この作品はラブストーリーではありますが、その裏側で登場人物ひとりひとりが抱えているものを深く、鋭利な角度から描いていくヒューマンドラマでもあります。しかも、彼らの恋は一筋縄ではいかず、天秤のようにギリギリのバランスで成り立っている…。何かひとつでもズレてしまうとすべてが壊れてしまうような関係が展開する、美しくもはかない、素敵な作品だと思います。」とコメント。

演じるにあたり、「僕はよく、“熱い男”のイメージがあるといわれるのですが、まったくもって熱くないです(笑)。役者は作品によって見られ方が変わると思うので、今回、また自分の新たな一面をお見せできるのが、とても楽しみですね。実は、主人公がバイクとカメラが趣味の男と聞いて、2つ返事でお引き受けしました。僕もバイクやカメラは大好きなので、自前のものを使わせていただき、細かい動きも、しっかりと手を抜かずに作っていきたいと思っています。」と意気込みを語った。

また撮影について、「伊藤歩さんは13歳の頃から知っていて、共演は約11年ぶり。初共演のとき、“すごくキレイな女性だなぁ”と思っていたので、その方とラブストーリーという形でご一緒するのはちょっと恥ずかしく、現場から逃げたいぐらいです(笑)。そのほか、素晴らしいキャストの方々が揃っていますが、僕は“現場にいる全員が主演”と思っているので、それぞれやりたいことをやって気がついたら“円”になっている現場が理想。その輪の中で、キャスト、スタッフの皆さんとテーマを確認しあいながら、ドラマを作り上げていけたら…。」と期待を寄せた。

そして最後に、「この作品ではそれぞれの登場人物の生い立ちや価値観、それに対する世間の見方などが深く描かれ、生きる上でのヒントになるようなシーンがたくさんあります。このドラマが“人生のひとつの経験”として視聴者の皆さんの胸の中に入ると嬉しいです。」と話した。

ドラマ「明日の君がもっと好き」は、2018年1月より、テレビ朝日にて毎週土曜23:05~放送。
ぜひ、ご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top