shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本郷奏多 映画「鋼の錬金術師」公開記念舞台挨拶!

本郷奏多出演映画「鋼の錬金術師」が12/1(金)公開初日を迎え、翌12/2(土)丸の内ピカデリーで行われた公開記念舞台挨拶に本郷が登壇した。

同作は、2001年に月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載がスタート、2010年に連載を終了した漫画家・荒川弘さんのコミック「鋼の錬金術師」を実写映画化。連載中、TVアニメ~アニメ劇場版を契機に10~20代を中心に爆発的な人気を獲得。全世界シリーズ累計部数7,000万部超という空前の記録を打ち立てた。少年誌での連載にもかかわらず、他コミック漫画にないオリジナリティ溢れる設定とビジュアルが男性ファンのみならず熱狂的な女性ファンをも獲得、深いメッセージ性は大人層の支持を得て、連載が終了した現在に至るまで、いまだ人気の熱が冷めないという、もはや日本漫画界を代表する伝説的な作品となっている。

幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長のストーリー。幼い二人は母親を生き返らせるために“錬金術”の最大の禁忌(タブー)“人体錬成”を行い、失敗する。その代償としてエドワードは体の一部を、アルフォンスは体全てを失い、魂を鎧に定着させた体になってしまう。やがてエドワードは国家錬金術師となり“鋼”の二つ名を授かる。失ったすべてを取り戻すため、兄弟の絶大な力を秘める“賢者の石”を探す壮大な冒険の旅が今、始まる―。

本郷は、エドとアルの冒険に立ちはだかる“ホムンクルス(人造人間)”エンヴィー役を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて本郷は、「僕自身、「鋼の錬金術師」の原作ファンでしたので、出演することができて非常に嬉しかったですし、出来上がった実写映画も本当にものすごいものになったと手ごたえを確信しています。皆さんにその感動を共有してもらえる日が来て、嬉しく思っています。」とコメント。

その後、原作のテーマである“命”にかけ、「これがないと生きていけない!」という“『○○命』のものは?”と質問され、本郷は『山田きゅん命』と回答。“山田きゅん”とは同作の主演・山田涼介さんのことで、「山田きゅんはお顔もカワイイし好きで…。」と発言すると、“奏多くん、そんな感じだったっけ?”と山田さん本人からツッコミが―。続けて、「純粋に綺麗な造形物として好きだったんですけど、お芝居を観てさらに好きになったのと、もう1つ、素敵なエピソードがありまして。11/15に映画のジャパンプレミアがあったのですが、その日は僕の誕生日で、帰ろうとしていたら実にスマートなタイミングで山田くんが“奏多くん、これ”と言ってプレゼントを渡してくれたんです。その瞬間にキューン!ときて、さらに大好きになりました。」とエピソードを語った。

この日は他にも、実写版・アルの声を演じた水石亜飛夢さんのサプライズ登場や、原作者・荒川弘先生から届いた直筆生原稿とメッセージが読み上げられ、歓喜に沸いた舞台挨拶となった。

映画「鋼の錬金術師」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください!

【ストーリー】
錬金術とは物質の構成や形状を変化させ新たなものに作り替える技術で、無から有を生む万能の術ではなく、「等価交換」を原則とする厳正科学である。
幼い頃、亡くなった母にもう一度会いたいという想いから “錬金術”において最大の禁忌とされる人体錬成を行った兄、エドワード・エルリックと弟、アルフォンス・エルリック。しかし、錬成は失敗。エドワードは左足を、アルフォンスは体全てを失ってしまう。エドワードは自身の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成して、鎧に定着させることに成功し、アルフォンスは一命を取り留める。
時が経ち、エドワードは自ら失った右腕と左脚に機械鎧(オートメール)を装着し、失った身体を取り戻す手掛かりを得るために国家錬金術師となり、“鋼”の錬金術師と呼ばれていた。そしてその手掛かりが“賢者の石”と呼ばれる伝説の石であることを確信する。
弟の体を取り戻すために命をかける兄と、彼を支える鎧姿の心優しい弟。亡き母の「人体錬成」の代償として失った全てを取り戻すため、不可能を可能にするほどの絶大な力を秘めると言われる“賢者の石”を探す二人の壮大な冒険の旅が今、始まる――やがて“賢者の石”を探す旅は国家をも揺るがす巨大な陰謀をめぐる熾烈な戦いへ変貌していく―
  • はてなブックマーク

pagetop

page top