shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

葵わかな 映画「青夏 Ao-Natsu」W主演決定!

葵わかなが8/1(水)公開映画「青夏 Ao-Natsu」でW主演を務めることが発表された。

同作は、2013年から2017年にかけ講談社「別冊フレンド」で連載された、南波あつこさんによる同名人気コミックの映画化。
夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子高生・吟蔵との〈夏限定の恋〉を描いたラブストーリーとなっている。

運命の恋を夢見る、都会育ちのイマドキ女子高生・理緒(葵)。夏休みの間、大自然の田舎で過ごすことになった理緒は、そこで地元の男子高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。クールで少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一気に恋に落ちる。
吟蔵こそ運命の人…?と思ったのも束の間、「住む世界が違う」とあっさりフラれてしまう。
そんなとき、理緒に想いを寄せる東京の男子高生・祐真(岐洲匠さん)が理緒に会いにやってくる。
「夏休みが終わったら俺と付き合おう。東京で待ってる」―優しくて誠実な祐真の告白に、戸惑う理緒。
そんな理緒を見た吟蔵は、「おまえ、俺のこと好きなんじゃねぇのかよ!」と思わず本音を口にする。まっすぐでピュアな理緒に惹かれ始めていた吟蔵だったが、いずれ離ればなれになってしまうことから、理緒への気持ちを必死で抑えていたのだった。
近づく夏の終わり。高まっていく気持ち。果たして〈夏限定〉の恋のゆくえは―?

出演が決定し葵は、「今回のお話をいただいて、少女漫画の女の子を演じさせて頂く事に素直に驚きました。自分の中にこういった役のイメージがなかったので、どうなるんだろう?とドキドキしたのを覚えています。佐野さんとは3年ぶりくらいの共演ですが、原作の吟蔵と佐野さんがそっくり!と思っているので、ご一緒するのがたのしみです。」とコメント。

原作を読み、「みんなが一生懸命なお話だと感じました。」と話すと共に、4月初旬より予定されている撮影に向け、「周りの人からみたら小さな事でも、全力で悩んで全力で走っている、そんな理緒や吟蔵がもどかしいけどかわいらしいと思って頂けるように、演じていきたいです。今までで一番、「楽しい」をえらぶ夏にしたい!」と意気込んだ。

映画「青夏 Ao-Natsu」は8/1(水)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top